プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
『さむらかわちのかみ(ペンネーム)』だと思ってました。

実際に年1くらいのペースでN響や新日フィル、都響等に通ってる人間から言わせて貰いますと、
今回の騒動もこうなってから知りましたし、
そもそも今回取り上げたらしいニュースショー等に全然興味沸かなかったんで何だかなぁと言う気持ちです。

アマゾンレビューでの酷評じゃありませんが、
聞き慣れてる人だったらおかしいって分かるレベルだったみたいですし、




去年から指摘してた人は居た模様です。
本当の犯人は主犯格とされる『かわちのかみ』と『影武者』だけじゃなくて、
レコード会社、TBS系のフリーディレクターの某、そして制作元NHKスペ制作側が確信犯的黒幕でしょうね。


私の場合、夕方の民放ニュースワイドは言うに及ばず、
フリー系の制作でのNHK特番やカルト宗教まがいの団体を礼賛したりするEテレ特集、
NHK19時半のナントカ現代は基本割引いて(8.9割の割引率で)視てますんで、
ああまたか、な感覚です。

批評する人もそんなに出てこないし、オーケストラ関係は基本門外漢な方が殆どですし、


上記TV番組を鵜呑みしてしまう、ある意味宗教的に盲信する層も確実に居ますから、
うまい具合でひと山当てたなぁとは思いましたが。
ただ、色々と綻びが出てきて、そろそろ誰か(無論影武者と『かわちのかみ』氏)に詰め腹切らせて幕引かせないと
いけない状況になっていた言うのもあったんだと思いますね。



元TV制作者で今は研究者学者となられてる方が、
検証番組を作ればどうかと述べられてましたが、実際どうなんでしょうね。
もっともTBS系フリーのディレクターの番組ですし、
時折昭和革新系の臭いを感じざるを得ないNHKスペ枠ですから、
おそらく責任を『かわちのかみ』と『影武者』
に押しつけるだけのものになるのは火を見るよりも明らかで、そこを突っ込まれたら、
『トクメイガー』『ネットガー』と居直るのも明白の理と考えます。

この記事を書かれた水島氏も『ネットカフェ難民』なる微妙なマスコミ用語を作られた本人ですし、
氏の記事についても割引は残念ですが当然必要と考えます。

最終的には『嫌なら見るな』の結論になるのは明白ですし、私の場合、この手のやり方をする人等には
できる限りふれないようにする理由のひとつになるかなと思います。
だから今後も自分からこのテの類は積極的に見る事は無いと思います。

他に見るモノはいくらでもありますし、『つまんない』と口にするよりも楽しい、
楽しめるモノを探し、それにふれるのが一番だと思えますからね…。

自分等のテリトリーに入ってきた時に判断すればいいし、
状況によりけりですが、いつぞやの秋元氏配下の女性タレントを『歓迎』した、
浦和レッズサポーター的な意思表示も私はありと考えている次第です。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。