プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で文楽公演第三部レポです。
入稿後一度渋谷に戻り、


中本渋谷で夕食を頂いてから永田町に向かいました。
って事で感想に参りましょう。

御所桜堀川夜討(ごしょざくらほりかわようち)
弁慶上使の段


弁慶が生涯ただ一度だけ泣いたという自らの娘を平家の娘の偽首として差し出さざる得なくなったと言う
エピソードでしたが、
現代では話の筋を理解させるところから始めねばならない難しさも感じていました。

本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
十種香の段
奥庭狐火の段


先々週日曜の券を持っていましたが大雪で行けず、
この日その借りは返せたと思いました。Eプラスでの割引チケの存在も大きかったです。
諸経費追加でも四千円台なら、と言う思いでしたし。

そんな文楽東京公演、以前のチケット販売初日瞬殺の勢いは既に無く、
イープラス割引枠も完売になったのはこの二十二日第三部のみでしたし、
住さん出演の第一部も完売になった日は少なかったと見受けます。
嶋さんもいよいよもって体力の衰えとの戦いが本格化してしまったと言う感じでしたし、
『詰みつつあるなぁ…。』という思いが某宿への道のりの中で、どうしても感じてしまった事でした。

何よりも私自身以前のように文楽への気持ちが向かっていないように思いますし。
どう転ぶにせよ、私なりに見届けようと思う気持ちもありますが…。
文楽が全体的にあまりいい方向に向かっていないのは、
私さとうのりよしも認めざるを得ないところではあります。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。