プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で先々週のバチバチです。

本の杜5終了後、川崎から新橋、地下鉄銀座線赤坂見附ホームから地下通路を徒歩で永田町へ、
そこから徒歩でTOKYO-FMホールに向かいました。

それでは感想に参りましょう。



大ちゃん実弟タクヤさん、この日の選曲は『満開オールスター』、
森山さん引退試合の際も歌われていたのを思い出していました。




龍ちゃんはすっかりネタ要員と化されていましたね…。

【アマバチ】

第一試合
○平田 浩二 VS ×山口 洋児
(4分33秒 腕ひしぎ逆十字固め)




第二試合
△糸永 直樹 VS △田中 篤
(時間切れ引き分け)




第三試合
○河合 裕明 VS ×安達 寛
(1分55秒 肩固め)




第四試合
△寺島 力 VS △汰華
(時間切れ引き分け)





アマバチ終了時点で、私の周囲で席を立ったまま戻ってこなかった方が
複数名居られましたが、想定よりも少なかったですし使用料が高いらしいこのハコで
赤字を出すわけには行かなかったと言う事情も理解出来ていました。

休憩時間内のじゃんけんコーナーはいつもの連敗街道でした…。
あと、場内ロビーに展示された写真パネルの中で、馬場さんと三沢さん、
それぞれ大ちゃんが同じコーナーに立っていた時のものがあったのが印象的でした。

【バチバチ】

第一試合
○アキバ仮面(風天)VS ×那須 晃太郎(U-FILE CAMP)
(10分26秒 キャメルクラッチ)




風天デビュー新人の顔見世試合でしたが、普通は先輩選手が貫禄を見せる展開のはずが、
那須選手の詰めの甘さが気になりました。

第二試合
○井上 雅央(Free)VS ×関根 龍一(KAIENTAI-DOJO)
(13分56秒 逆片エビ固め)






終始笑い通しでした。雅央さんがバチバチで何を求められているかを理解し、
それに徹した好試合でした。

第三試合 タッグマッチ
○藤原 喜明(藤原組)&長井 満也(DRADITION)
      VS
真霜 拳號(KAIENTAI-DOJO)&×佐藤光留(パンクラスMISSION)
(13分46秒 ワキ固め)








組長が終始試合の主導権を握ってました。
引退はしないとの事で、今後も活躍が期待出来ると思います。

最終試合 タッグマッチ
○池田 大輔(風天)&日高 郁人(ZERO-1)
      VS
モハメド ヨネ(プロレスリング・ノア)&×伊藤 崇文(パンクラスism)
(26分47秒 チキンウイングアームロック)


同世代の心技体のぶつかり合い、最後は垂直落下式ブレーンバスターからのアームロックでした。

試合後大場選手の引退セレモニーが開かれました。






大場選手自ら引退テンカウントゴングを鳴らしましたが、
どうみても10回超えてました。元々一般企業に勤務しながらの選手生活でしたので、
今後は会社員に専念するとの事、つくづく惜しいですが故障箇所(首・頸椎)が故障箇所ですので、
致し方ない面もあると思います。今後のご活躍にも期待したいと思います。
そして〆は大ちゃんの挨拶。




失踪されているフリーランスのレフェリー野口さんの事もあったとの事でした。
野口さんの無事の帰還を祈るのみです。


と、言う訳でエンディングとなりましたが、


去年の新宿FACEでお会いした際も勤務先繁忙との事でしたが、
今回の開催決まってからもブログ更新が途切れられたままでした。
いよいよもって原色さんも…、と言う思いでした。
年齢や立場の事もあり、色々と続けるか止めるかの選択をせねばならないのは、
私自身も身に染みて感じているところです。

原色さんとのトークが無いままの半蔵門駅までの道のり、
確かに楽しかったし、アマバチも期待以上の内容でしたが、
何か自分の中で今までとは違う感情が生まれていました。

今回のバチバチには初回開催時からついていた通し番号が付いて無かったのも気になりました。
寅さんも最終話は最終話だと言う予告、
触れ込み等は一切無かった事をどうしても思い出してしまってましたね。

もしかして今回で…、と言う思いは自分の中で今もずっとあります。

小野さんがあの時期に抜けられたと言うのも、
以前のバト社長及び越谷勢との冷戦期間を思い出してしまいましたし。

もうひと方については、あまり思うところはありません。
時効かと思うので明かしますが、3年前のもうひと方のプロデュース興行で
私の中では一切の金銭と時間を費やさないと決めていた人を出場者の中に入れてきた時、
その時点で評価するしない以前の存在になっていました。
あの時期、突然九州遠征を決めたのには、もうひと方及び大ちゃんに、
バチバチだからと言って全てを受け入れるわけでは無いと言う事を伝えたかったと言うのもありました。

ともあれ、次回開催があったとしても一年以上先になる場合は、
今までのように即決断と言う訳には行かなさそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。