プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日日本橋亭に行って来ました。


松鯉先生と弟子の松之丞さんの親子会です。


由井正雪が紀州公や丸橋忠弥などを取り込んで幕府転覆天下簒奪に暗躍したお話、
慶安太平記の俥読み(連続読み)でして、今回は槍の名人丸橋忠弥の登場と、
正雪と誼を結んでいくあたりの展開でした。って事で感想に参りましょう。

前半は、




前半は前座のみのりさんと松之丞さんと松鯉さんの順、
みのりさんは何度か噛む場面もありましたが講談の前座さんは後述します松之丞さんの前座時代のみでしか
観た事がなく比較等は現在まだ難しいんですが、これからの人である事は確かなので、
出てくる時があれば見てみようと思います。
松之丞さんは谷風の情け相撲、
マクラの花見ネタでは後輩のとある二つ目さんの酒酔い噺の王道を行く展開にウケてました。
そして今回初観戦となった松鯉さん、重みのあるじっくりした語り口での河内山なお話でした。
後半は、


丸橋忠弥と正雪の遭遇がじっくり描かれていまして、
特に松鯉先生が読まれました忠弥の武勇とさらにそれを上回る正雪の武勇と知略、
選ばれもの同士の息を飲む極限下での戦い、そして互いを称える武人としての姿などが
重厚に描かれていたように思います。

慶安の変、実際は正雪が決起しようとした理由は幕府転覆にあらずして、
幕府の武断政治を改めさせるのが目的だったようで、
そこに幕府中枢への影響力を強めたかった紀伊徳川家や、
逆に紀伊家の幕府への影響力を削ぐために幕府側中枢、御存知知恵伊豆松平信綱公などが
紀伊家や正雪一味の動きをあえて看過していたのではと指摘されるなど、
その当時の権力抗争としての姿も見えてきますが、
このお話にしましてもその後の吉宗時代の天一坊騒動に見てもあります通り、
幕府権力がその後の明治大正昭和初期の時代よりもさらに強力な権力で民衆を支配しており、
それに抗い、革命的な行動に出る可能性を持てたのは天才的な才覚を持ったカリスマのみだったと言う
時代構造そのものが見られたのではと思います。

私さとう在学中、某県ローカル局再放送枠で放映していた、
ソフト化もされていない幻の名作ドラマ江戸を斬る第一部、梓右近隠密帳のラスボスが、

名悪役成田三樹夫さん扮する由井正雪であった事も思い出したりしてました。

終演後は松之丞さんに挨拶、感想などをお話しまして終電鈍行の人となり
都心を後にしました。

今日もコレメインで、


日帰り上京するんですが、途中寄り道もしていこうと考えているところです。

そういや次回の講談研究室は6月なんですが、


時間調整もされるとの事です。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ