プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で先週土曜の柏ThumbUpレポです。
スパコミ撤収後有明から都心に戻り、


定番のお茶の水から上野までの歩行タイムを行ったりしていました。

って事で感想に参りましょう。

パンパンの塔


彼等メインで来たお客さんも当然居られたと思いますが、
昼からのユーヤさん、遼さん、関さんのお客さんが7.8割占めていたと思います。
それでもお構いなしに自分等の世界を表現する事に徹しまして、それをやり切り、
終盤では拍手もありましたので、精神的にも強いと思いましたし作品に自信と誇りが
あるんだろうなぁと関心してました。

公式PVつべ動画もありますので紹介させて頂きます。

片山遼さん(バンドバージョン)


遼さんが客席ゾーン最前列の異変を察知し、『かくれんぼ』のイントロ一旦止めさせて、
体調悪そうな方の状態を確認された後に再スタートしたくだりには、遼さんの機転と心配りに、
あらためて賛辞を送らせて頂きたいですね。
新曲含めセトリも『いつも以上のいつも通り』でして、
バンドスタイルは何度でも観てみたいとあらためて思った次第です。

関隆浩さん(バンドバージョン)


この日は、キーボード抜きの三人編成でして、

つべ公式ライブ動画でのバンドスタイルとはまた違っていましたが、
関さんがエレキギターで歌うと言うこれもまた意欲的な感じがしまして、
私的にもOKでした。今月末も早く南東北から戻れるなら土浦行ってみようかと考えています。

阿部祐也さん(バンドバージョン)


ユーヤマンバンド開始時点で21時20分過ぎ、最後までは無理かと諦め、
タイムアップの時間までじっくり観て聞こうと決めていました。


4人編成のバンドでしたが、トリとはかくあるべきものと考えた次第です。
私の中でですと、この熱演レベルは、一昨年の鈴本演芸場でのトリ、
正雀師匠の高座、『鰍沢』に匹敵するレベルでしたね…。


って事で22時前に無念のタイムアップ。
会場出口付近で関さんに遭遇、ライブの感想やこの日のJ2水戸の試合結果などをお話しましてから
柏駅に向かい、何度目かの東京遠征は幕を閉じました。

出演されました4組共に骨も肉もある味わい深いサウンドでして、
また近いうちにどこかの客席ゾーンに居れればと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ