プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
なかなか更新出来ずすいませんです。

さて、何度か紹介してますcocorotron橋口さんの詩の世界観について
同じcocorotronメンバーでBASS担当の中島さんが日記で触れてまして、
自分も似たような感覚を覚えたのでこれから述べてみようと思います。
ハルハバラ
ハルハバラココロトロン

インディペンデントレーベル 2007-03-14
売り上げランキング : 135949


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

橋口さんの詩の世界、私的には
明治期文豪の一人であり、夏目漱石の親友でもあったとされる正岡子規を思い浮かべます。

以前も紹介しました大東京ビンボー生活マニュアルの単行本第1巻掲載第1話に、
(『大東京ビンボー生活カタログ』通算すると第3話になります。)
大東京ビンボー生活マニュアル (1)
大東京ビンボー生活マニュアル (1)前川 つかさ

講談社 1995-03
売り上げランキング : 333255

おすすめ平均 star
starとっても豊かなビンボー
star心の豊かさでこんなにリッチに暮らせる・・・!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

正岡子規著作のひとつ『仰臥漫録』について触れられています。
『病床6尺のちっぽけな世界にあっても意識は宇宙にまで飛翔させる』という内容で、
私的には物事の見方と言うのは切り口、とらえ方次第で
それはひとつだけではなくて10人10色であればいいと言う感想を得ました。

漱石との仲は盟友という表現が相応しいであろう正岡子規といえば、
明治時代の文学界で果たした業績と言えば俳諧・俳句の近代化ですが、
自分の見たこと、感じた事をありのままに述べる『写生』の思想があるかと思います。
話を戻しますが、橋口さんの詩の世界ってのは
『写生』をベースとして想いや出会い、別れなどを浸み込ませているのではと思うのです。

これも何度も紹介しています『心の声』、これで例えてみますと、

時計は一分ほど遅れをとってるみたいだ
バスは音を立てて雲を追いかけていた
座席を照らす光はペットボトルに落ち着いて
もどかしさの雨を少し乾かしていた


それは綺麗な話でも無く、他愛のない物語でしょう。
けれど君に僕の居場所がある事を素直に喜ぶ幸せ

自分自身がどういう状況であるか、そして、そんな中で
『想い女性』(こう書いて“おもいびと”と読んで下さい。)への
想いを、中島さんも日記で触れてました『迫らない感覚』
で伝えているのではないかと思います。

『迫らない感覚』市場に浸透するのには時間はかかるかもしれませんが、
私も微力ながらその後押しをしたいなと考えています。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


新装版 天璋院篤姫(上)


島津忠剛(今和泉家)の娘として生まれ、後に島津斉彬の養子となり、さらには近衛家の養子となり、第13代将軍徳川家定に嫁いだ篤姫。その波乱に満ちた生涯を描いた作品。 薩摩から、誰一人頼る者もない江戸へ。徳川家定に嫁いだ篤姫の生涯は幸せとは言い難いものだった



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。