プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)



って事で昨日のケースタ水戸レポです。
某地を車で出まして12時前にスタジアム着。試合開始を待ちました。
って事で感想に参りましょう。

試合開始前、水戸の選手紹介以外で拍手が大きく上がったのは、
この日は故障明けでスタメンでは無かったもののリザーブ登録されていた難波選手紹介の時と、



哲二さんとカリオカさんの試合前挨拶の時でした。




諸説入り乱れた解釈がファンの間でされていますが、
この二人に上がった拍手の大きさ、これも日本サッカーの置かれている現状を示すイチ事例となっていたと思います。

って事であらためて試合感想へ。
前半は押されまくりの展開、いつまで持つかとヒヤヒヤしてましたが、

ついに、


押し込まれてしまい失点。このプレーで即交替とはなりませんでしたが、
やはり足を引きずるような動きが目立ち、ナザリト選手は後半開始時点で交替となりました。


そして後半は水戸ペース、

カバーミスからFKで直接ゴールを許し再度リードされたものの、
35分からはほぼ水戸ペースで進み、
吉田選手の同点弾に続き、終了間際には、

船谷選手の決勝ゴールが決まり大逆転勝利。歓喜の幕切れとなりました。


この日水戸までやってきた岐阜サポの皆さんは厳しい風景を見たと思います。



帰宅後に考えて出した結論?それはナザリト選手ありきの難波選手だったのではと言う事でした。
哲二さんも感嘆されてましたが、デカいし早いし強い。
そんな選手には当然マークも強めに置かねばならず、
難波選手はその間隙を突けるポジションに居たと言う事なんでしょうけど、
昨日後半だけ見た限りでは自分で好機を作れない、
好機に対応しきれない去年までの難波選手だったように思います。
確かに、二番手としてのポジションを獲得すると言う事は素晴らしい事でもありますが、
ナザリト、あれだけの選手がなぜ日本に、J2に居るって事は、
何かしら心身のどこかに弱点もあるのではと思います。
今後、必ずナザリトに頼れなくなる時期が来るはずですので、
その時こそ真価が問われると思います。

話を戻して、劇的な形で勝ち上がれた水戸、
チーム的にも動員的にもいいきっかけになればと思います。
週末もまた水戸に行きましょうかね…。

それにしても、ラモス監督、


『もったいなかった。慌てることなんにもないのに、簡単にボールを失った。若さでやられている。勝っているのに、いい試合しているのに、点取られた後、何で下向くの。 もっとサッカーを勉強して、自分で改善しないと。プロになる前に、男になれ。たくましくなれ。』
熱い魂は今も変わらず、好き嫌いは分かれるでしょうが、私は好きな方かなと思います。
そしてこの日はシーズン前半戦では珍しく?5000人超えましたが、
この日は5000人超えでした。
マッチスポンサーの動員力も相当あった事も確かです。
『仕事』で来た方も居られたかもしれませんが、そんな人達も今度はお金を払っても行きたいと
思わられる可能性があった試合だったと思います。


週末も京都戦ありますが、


偽燕太郎がどう動くのか、これにも注目したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。