プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:本・読書
魚住陽向さん作 三作品(全てプレビュー版)
って事で予定よりも遅れましたが先日の文学フリマで私の小説と交換して頂きました、
魚住陽向さんの三作品プレビュー版、

『天然オヤジ記念物 江戸前不始末』(ちら見版)、
『男どあほうT-REX紀』(ちょっとだけよん版)
『ふろシキー・ファイト! 〜平成風呂敷争奪戦〜』エピソード3/3

感想まとまりましたので記事にしたいと思います。
まず、『天然オヤジ記念物 江戸前不始末』から、
東京下町で暮らす大工夫婦が「絶滅寸前である地球上最後の江戸っ子」と
国家官庁から指定されてしまあう事から始まるコメディーでして、
ちら見版だけあって冒頭部分だけだったんですが、
主人公夫婦を取り巻く人々のやりとりが、8年前の先代歌舞伎座で観ました『権三と助十』での
権三と助十、そして大家や願人坊主など長屋の人達のやりとりのようで、
これからどうなっていくんだろうという感じがしました。
魚住陽向さんの作品の方は助十的なポジションがお美代になるかと思いますが、
そうなると文七元結の長兵衛お兼的なものもあるかと思いますが、ともあれ人物描写、
台詞と説明箇所のバランスパターンについては私も勉強させて頂きました。

次に、『男どあほうT-REX紀』(ちょっとだけよん版)
ネタバレになりますので詳細は伏せますが人物・名称設定が興味深かったです。
明治の名作、『吾輩は猫である』がその筆頭ですが、私自身は結構リアル志向?だったので
人名設定も色々調べながらやりましたが、魚住さんがこの作品で取ったパターンも
今後考えていかないとなぁと思います。
あと、主人公が挫折を経験していると言う点と、その描写にも考えさせられました。
私が現在も継続しているAキッチンシリーズでは菊名亮に若干その役目を負わせてますが、
ここまで踏み込んだ形でも無いので、この点でも勉強になりました。

そして『ふろシキー・ファイト! 〜平成風呂敷争奪戦〜』、
包んだ物が増えると言う謎の風呂敷を巡るお話、
その壱の(おれおれ詐欺)内での主人公と孫、そしておれおれ詐欺に巻き込まれてしまってからの
急展開が印象に残りました。
私自身、自分の作品の展開が1次2次問わず淡々としてしまい過ぎる面があるのは認識もしていますし、
この点についてももっと色々学んでいかないといかんと思っています。

最近普段の生活の負荷が上がってきてまして、
平日帰宅してそのままパソコンも付けずに寝てしまう事も多くなっていますが、
少し落ち着きつつもありますので少し気持ちを入れ直して頑張っていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。