プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で夜の講談研究室レポです。
大統領師匠終了後山手線で御徒町へ。某チェーン店で時間潰しをしつつ開場をまちました。
って事で感想に入りましょう。
今回も前座みのりさんからでしたが終盤はかなり苦しそうでした。
これは後で出て来られました二つ目松之丞さんがマクラで言われてましたが、
昼定席での前座修行の後での夜の一門での親子会、体力的に限界に来ているとの事でしたので、
さもありなん、と言った感じでした。
そして松之丞さんは狼退治、以前らくごカフェでも観た事がある演目でしたので
安心して観て聞いていました。そして松鯉先生は雪江茶入れ、
赤穂物では珍しい春夏の頃の話、刃傷事件前の天野屋利兵衛と浅野内匠頭とのいきさつが描かれた話でして、
初の話でしたがすんなり世界に入れましたね。
そして仲入り後は本題の慶安太平記、


松之丞さん、松鯉先生のスタイルが、攻めの松之丞さんに受けて立つ松鯉先生と言った感じでして、
最終的にはお話の中で戸村丹三郎を子供扱いした柳生但馬守のように、
松鯉先生の話の中に私もsonnetteさんも魅入ってました。

ですが松之丞さんの才もsonnetteさんも注目されてまして、
『マクラ4割で本ばなしはパワースタイル』でもそのセンスの高さは
ここでも何度か私が述べている通りですので、今後も注目していきたいと思います。

って事で終演後は久しぶりにありの先生宅に。
それぞれ佳境に入っていた春アニメ数作品を視ながら、
私が持ち込みました龍宮と酔仙を味わっていました。

1週間フレンズはプロモの仕方がある意味テンプレ化されている面もありますが、
残り数話とは言え録ってみようかと思います。ごちうさもそんな感じですかね…。
そういやピンポン視てて思い出したんですが数年前実写版映画でブレイクした、
獅童丈じゃない方の御仁、最近あまり音沙汰ありませんね…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。