プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先週土曜の神田愛山先生独演会1DAYSレポです。


いつもの如く?バスで都心入り。


久しぶりのキッチン南海でお昼の後、らくごカフェ開門を待ち、
館内の人となりました。って事で感想に参りましょう。

第一部
「(難波戦記)本多出雲守の討死」
大坂夏の陣で真田隊毛利隊の猛攻を受け討ち死にした本田出雲守のお話、
私にとっては初の話でしたが序盤での家康の懐柔工作など、
最後の戦闘前夜からの緊張感溢れる物語でした。
「小松の嫁入り(注・小松は現阿久鯉の前座名)」
通算二回目のお話でしたが、順応性適応能力に優れた前座さんを巡る
山奥の町でのひと騒動?を描いたもので、ほんのりさせられますね…。


第一部終幕、第二部開場まで時間があったので同時間を潰そうかと考えてた矢先、


片山遼さんが上野駅前でのストリートライブをするとのネタを入手し、


上野駅前に移動しストリートライブ鑑賞。


ワンセット目のラスト曲、『ALWYAS』を聞き終えて後、


タイムアップで神保町にリターン、第二部開場となりました。
って事で第二部感想を。
「(天保水滸伝)笹川の花会」
助五郎一家と繁蔵一家との一連の抗争でキーポイントとなった場面、
緊迫感のある内容でした。
「(結城昌治原作)骨の音」
今回の一番印象に残った話。
太平洋戦争敗戦から32年後に作られた小説を愛山先生が原作者結城先生に許可を得て
講釈化したものですが、反戦モノと言うよりは『ゆきゆきて神軍』のようなリアルさと、
結末は牡丹灯籠のような因果応報めいた感じでした。
本当に反戦平和を説く内容であればあの結末にはならないと思いましたし。
戦時の旧日本軍、インパールでの大敗北にもあります通り、
無能な上官による自滅的な大敗が幾度も繰り広げられてきた、
そんな中でのワンオブゼムとその因果の結末、そんな感覚を覚えていました。

新作講談は漫談でも落語でも無く、広い方向性と可能性を感じるものですので、
今後も古典との組み合わせのバランスを取って行ければもっと多くの人に広まって行けれるんじゃないかと
私さとう常々考えております。

第三部は懇親会、いつも企画されているアマ弟子さんや常連さんなどと色々お話しまして、
私の場合は先日の野地温泉の事や今までの愛山先生の会の参加歴や他の噺家師匠さんの事、
あと、1部2部合間での片山遼さんのチラシを愛山先生に見せて同じ佐野市出身である旨説明したりもしました。
講談講釈と若年層向けのポップス音楽と方向性は大分離れていますが、
地元佐野市で先生と遼さんの共演の可能性が無い訳でも無いので期待はしてみる事にします。
その際は某北関東から高速飛ばして車で駆けつけるかと思いますね…。
ちなみにこんな方です。


そういえば懇親会、隣の机ゾーンでは終盤アイドル論が盛り上がっていたようでして、
私も参戦してみたかったです…。


と言う事で懇親会も終宴となり、先生やアマ弟子さんにご挨拶しましてらくごカフェを後にしまして
この日は久しぶりにすくすくさんの所に向かいました。

って事で講談の広い方向性と可能性に今後も期待しつつ、
愛山先生や松鯉先生、松之丞さんに春陽さんなど今後も観ていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ