プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で夜の三ツ沢レポです。

16時半過ぎに三ツ沢入りし、試合開始を待ちましたが、


量産型ザクみたいな吉本芸人さんとか、サンバとかもうなんかカオスでした。
私が通い詰める都内各寄席でアレな人等がアポなしで出てきたら、それこそいつぞやの
秋元氏配下の女性タレント集団を『迎撃』した浦和の赤い人達のようにしていたかもしれませんが
三ツ沢という場所ですし、まぁそれなりに面白かったのでウケてるようにしてました。
TVメインの芸人さんっぽいですが頑張って頂きたいものです。

って事で感想に参りましょう。


ミスター水戸のGK本間選手、ポイントゲッターの吉田マキト選手がベンチにも入っていなかったと言う、
飛車角抜きの状態でのスタートとなりましたが、




先制を許すもすぐに追いつき後半へ。
後半は水戸がほぼ主導権を握る展開が続き、時折攻め込まれるも
急遽先発GKとなった笠原選手含む守備が奮起しゴールを許さず、


引き分け。去年秋シーズン最終戦の自滅祭りと比べてはいけないかもしれませんが、
去年よりは勝ち点1を取っていますし、


去年よりは戦えていると思います。
私さとう、水戸が今年J1に行けるとはあまり思っていませんので、
私の中では水戸が去年よりもいい成績になってくれればと考えています。
持株支援会に関しても今年いっぱい考えて結論を出すつもりでいますし。
次戦ホーム群馬戦、開始に間に合わないかもしれませんが何とか駆けつけたいです。


気になったのは相手の横浜FCの良くない点の事でした。
しかも複数。まずミスが多く水戸に多くのチャンスを与え過ぎていた事、
そして、




水戸に逆ジャックを許してしまっていた事。
それと関連して、罵声やブーイングばかりが目立った横浜ゴル裏にも『?』と思ってしまいました。


選手は戦っていますが、フロントとサポが足を引っ張ってどうするのかと。




横浜FC山口監督のコメントにもそこらへんの憤りが暗に出ている内容だったかなと思います。
水戸よりも財務立地面ではるかに恵まれているはず。
それがこの体たらくをみてしまい、色々と不安になってきました。


クラブチームと言うのは共に高めあうのが理想であるはず。先日の群馬での騒動もありますし、
迷走しているのであればそれを早めに修正して頂きたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ