プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事でmomo10周年記念企画第4弾イベントに行ってきました。
昨日はJ2試合後すくすくさん宅にお世話になりまして、
朝9時半頃に某駅を出まして都心入り、都内某所にて前々と前の記事を書き上げてから、


中央線、新宿から総武線に乗り換えて、


東中野の人となりました。って事で感想に参りましょう。

アコ編成でしたが、トレモロで色々アレンジを変えたり、
イエモンのカバー(バラ色の日々)があったりと、
そして2曲毎の合間に設けられたメンバーのおもてなしコーナーも印象的でした。
順番はしみずざん、すぐるさんオリイさんの順で、
ちなみに、カラスさんは今時点ではまだ伏せますが、あるものをつくられてそれを配られていました。
しみずさんは乾杯用として小サイズの缶ビールもしくはソフトドリンク(野菜ジュースと豆乳コーヒー)を客席内に
配って乾杯。
すぐるさんはCUPSなるものを披露されていまして、
私の場合TVのムーブメントに基本疎いのですが、今ぐぐってみたらブレイクもしているようで、
世間の風向きを少し知る事が出来たかなと思います。
オリイさんは手品でしたが、パターンとしては私が鈴本演芸場や国立演芸場で奇術師の方がされていたものと
体系は近いかと思いました。練習も当然されていたと思います。
ただ、私が来ていたユニを「ガンバ大阪!」J1某チームと間違われてたのが不意打ち的な感じでもありましたが…。

終盤にさしかかり、今(2014年7月6日)現在、展開されています、

クラウドファンディングの事への反響に関して賛否両論があった事、
特に否定的な意見も少なくなかった事が触れられていました。
それでも進んでいく事を選んだすぐるさん達、ステージ上では笑顔でしたが、
泣いて笑って悩んで、それでも人は進んで行くんだなと言う思いを客席から感じていました。

終盤はilluminatedからイッツ・オーライ、そしてアンコール前のトイレタイム?の間の即興コーナーでは、
アンセム、交差点、エレクトリックなどが演奏され、また“ももン家”が開かれる時がくればと、
楽しみな気持ちにもなっていました。そして大ラスはTONIGHT。


すぐるさんオリイさんが物販ゾーンに居られましたので挨拶と新グッズを、
カウンター付近に居られたカラスさんしみずさんに挨拶しまして、
東中野を後にし、


御茶ノ水から明神様経由で某所にたどり着き、今記事を書いているところです。
私も夏に向け、実は1作(2次創作です。)、


Cittyの作品をベースにしたものを書き終えていますが、あと4作ノルマにしています。
ふわふわした温かい世界感のコメディから青春バトルもの、
ぶっ壊れた世界観でのハイテンションコメディに熱血モノと色々分かれていますが、
自分自身も逃げずに創作と向き合いたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。