プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:日記


って事で一昨日の吉祥寺シャッフル、アリケンさん主催ライブイベントレポです。


荒天で台風も近付く最中、ダメなら都心の安宿に転がり込む覚悟で居住地を13時台のバスで出発。
何とか天気も持ち、渋滞規制等もなくほぼ定刻で上野入り。
上野駅ではちょうど、


宮城県産品、特に女川産の海産物が販売されている事を知ってましたので
早速売り場に突撃、吉祥寺でライブ見て終バス帰郷予定でもあったので、
要冷蔵タイプのものは諦めざるを得ませんでしたが、


缶詰や乾物中心に購入。笹かまはライブ前の腹ごしらえとなりましたが、


折角なんで吉祥寺駅前商店街行列の出来るお肉屋さんにてメンチとコロッケを購入。
ガッツリ頂きましてシャッフルの人となりました。
中に入りますとアリケンさんとけんぞうさんにご挨拶。開演を待ちました。
って事で感想に参りましょう。

森太輔さん


この日はキーボードサポートのよーこさんと2人編成でしたが、
半分以上は森さんの弾き語りでじっくり聴かせるステージでした。
去年は買えなかったのでトリ終演後音源、
森ノ詩
森ノ詩森太輔

イトマレコード 2013-09-16
売り上げランキング : 1026216


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を購入。その中にも入っていますし、


この日よーこさんとの2人バージョンで披露された、

『とばり』のITUNES再生回数が上がっていきそうです。

新村けんぞうさん


この日は5人編成。つべけんぞうさん公式に上がっていたライブ動画と比較しますとコーラスの精度が上がっていたと思いました。ソロになってからは恋愛がうまくいく歌が多いとかMCで言われてたような…。
セトリも記しておきます。(けんぞうさんブログより
1、Brilliantly
2、消えない衝動
3、若き情熱の悩み
(爆笑MC)
4、夕暮れ帰り道
5、そのメロディー
6、恋のモーニングサラ
(爆笑MC)
7、恋はY.T.S
8、それが全てさ
新村けんぞうさん(バンドスタイル)
ブログ記事にもあります通りけんぞうさんもコーラスへの思い入れが並々ならぬものであったようで、
手応えを感じられていたようです。

そしてトリのアリケンさんこと有田健太郎さん。
カホン・ベース・ギターを従えた4人編成でしたが、カホンの先入観を覆すリズム感の良い選曲でした。
これも再生回数上がりそうな、

風車も演奏されてました。
終演後2NDアルバム『それでも僕らは行くのだ!』を購入しました。
ラストセッション
そして最後のセッションで終演。先述しました森さんアリケンさんのCD購入と、
けんぞうさんアリケンさん森さんへの挨拶を終えましてシャッフルを後にし、


ライブイベは終了となりました。そして東京八重洲口への道のり。


荒天の最悪の事態も想定しましたが事の他天気も持ってくれまして、




終バスの人となり何度目かの都心遠征は幕を閉じました。

色んなシュツエーションでのラブソングの数々、
その中には『とばり』のような片想い?シュツエーションでのものや、
『恋のモーニングサラ』のようなちょっぴり大人?の世界観でのもの、
『風車』のような回想を含んだ距離感をおいたものなど、
こんな夏もアリ、いや大アリだ、そう思いながら終バス車内の人となってました。

またこの三人で来夏もあるのであればまた行きたいですし、
それぞれ三人単独でのステージもタイミング合えば駆けつけたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ