プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:日記


って事で先週土曜の真昼レポです。




いろちがいの新譜、『カナリア/東京タワー』の『カナリア』のサビの部分が頭から離れず、
コレは実際に観て聴いてみるしか無いと考え、例のアレで出勤で翌日日曜も出勤でしたが、
久しぶりに日帰り特攻を試みたのでした。

って事で感想に参りましょう。

うつぼ


時間からしてうつぼとこの後のいろちがいしか観れないのは分かっていましたので
覚悟の特攻でした。でも間に合って良かったです。
コサックさんが何度か言われてました『何かをしてみる事だ、そうすれば具体的な答えが還ってくる。』のような、
言葉が印象に残っています。

いろちがい


って事でいろちがいでしたが、客席には菊井さん阿部さんなど、いつもの面々も揃い
矢のように降り注ぐ『イケメン』コールの中、色男伊達男の世界が繰り広げられていました。


いろちがい、坂田さんたけいさんの縦のラインと、土井さん田尻さんの横のラインがそれぞれ機能しており、
それがダイヤのような形となってメロディと詞の世界が構築されてるように思えるのです。
去年3月のALPS5℃を観た時にも思いましたが、
いろちがいも、いつでも爆発出来る存在になっているなとあらためて思った次第です。


終演後はコサックさん、坂田さんにたけいさんに挨拶しまして、


音源『カナリア/東京タワー』も購入。
客席ゾーンに居られた菊井さん阿部さんに、WDBLの古林さんにご挨拶しまして真昼を後にし、


ブービーバスで都心を後にしました。都心滞在3時間強でしたが価値ある特攻でしたね。
私さとう、音楽を必要としているときはそれになるべく素直になろうとあらためて誓った日でした。

次は17日夜ですかね…。




ジョニーさん@真昼を選ぶか、それとも赤羽界隈蹴球場を選ぶか検討中です。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。