プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)
土曜日は西武ドームでイーグルス対ライオンズ戦を観てきました。
ネットでのみお付き合い頂いていたある方に
ご挨拶をするのが主な目的でしたか、
最近ようやくチームとして機能しつつあるイーグルスを
生で観ておこうと思ったのも理由のひとつです。
開始10分前レフト側に着きましたが、ほぼ満席。
外野レフト側楽天応援席より(試合開始30分前後経過)
ファンは確実に増えている事を実感しました。
試合は初回から楽天先制。
いい感じかなと思ってたらその裏イーグルス先発一場投手が
四球から崩れて逆転を許す展開、
このまま崩れていくかと思われましたが何とか踏み留まりました。
そして四回表、草野とリックの連続適時打で
ライオンズ先発岸投手をノックアウト。
初回からの出来で見れば一場投手だと思ってましたが、
先にマウンドを降りたのは岸投手だったと言う以外な結果でした。
その裏、またも一場投手が四球から崩れ犠飛で一点を失う展開、
一場投手、もう少しやれていい選手のはずですが、
物足りなさもどかしさを感じるイーグルスファンも多いのではないかと思います。

その後中継ぎの永井投手がライオンズ側に傾きかけた流れを止め、
終盤イーグルスは猛攻を浴びせ試合を決定付け、
終盤楽天の猛攻、一気に試合を決める。

結果はこの通りになりました。
ファイナルスコアは8-4でイーグルス勝利
インタビューは草野選手、シーズン終盤に来てブレイクの兆しありです。
今シーズン終盤低迷しているライオンズ、
私が観た9月15日の試合に限った話にしても、
それまであった、あったはずの『ライオンズらしさ』を
垣間見る事が出来なかったと言う事です。
ビジターファンにとって『鬼門』だったはずの西武ドーム、
都心からの遠さと、
ソツの無く、隙を付かれてあっと言う間に
ゲームの主導権を握ってしまわれ、成す術無く敗れ、
疲労と虚しさの中、ノロノロ走る電車に揺られて西所沢に向かう、
そんな日々ばかりだったので、完全に『Bクラスの野球』をしている現実が、
自分の中で受け止めるのに若干時差があったかもしれません。
せめてもの救いはライト側ライオンズファンは
試合終了まで殆ど席を立たなかったと言う事でしょうか。
ライオンズ応援席より
試合後は二次会にも参加。盛り上がりました。
二次会の様子から。
二次会後、当初の目的だった、ある方に挨拶を済ませ球場を後にしました。
誤解や偏見、捏造の中で活動されているのは、
今更私から述べるまでもありませんが、今後も微力ながら応援させて頂きます。

その晩は久しぶりにありの先生宅へ。
『赤とんぼの詩』と共に、色々とお話させて頂き、その夜は更けていきました。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。