プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:日記
納涼新派公演 筋書表紙


って事で昨日の三越劇場レポです。
昨日は高速バスで都心入り。東京駅日本橋口で降りてから徒歩で三越劇場を目指しました。
って事で感想に参りましょう。

一、螢(ほたる)
作  :久保田万太郎
演出:大場正昭


やたらと状況説明な台詞が多く、『?』な序盤でしたが、
後半の重一がときを訪ねて来たシーンから物語としての味わいが凝縮されていたと思いました。
ラストシーンに関しては最初ときが変装したのかなと思いましたが、
早替わりである事知ってからはさもありなんと言う感情になりましたね。
永島さん、影のあるイケメンぶりは流石でした。

二、江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし(こりこりばなし)
作      :北條秀司
補綴・演出:成瀬芳一


女形崩れにぐうたら女房、その間男の破戒坊主にさらに横恋慕する金持ち商人の不細工娘、
さらにその周囲には一筋縄では行かない連中が集まると言うお話、
終盤には、

例のキーワードが飛び交うトンでも無い展開になりましたが、
最後の最後まで勝者無き、終わり無き『戦い』が繰り広げられていたように思います。
こちらでも永島さんは流石の存在感、月乃助丈春猿丈も楽しんで演じられていたように思います。
最後の最後でのキャラチェンジ含め、客席を自分たちの世界に引き込んでいた田口守さんにも唸らされました。

その後はあちこち寄り道しながら西武ドームへ。





初回の併殺打と最終打者のボテボテゴロに精気を吸い取られて足取り重く所沢を後にしました…。

ブービー打者のスイングは見せ場十分でしたけどね…。
久しぶりにありの先生宅へ。
はじめて孤独のグルメを見させて頂きましたが、
松重さんの体調管理、特に胃腸の管理が大変だろうなぁと思ってしまいましたが、
この回でのゲスト出演だった小松の親分のうどん店主の流石の演じぶりに、
浅草芸人の底力を見たように思いました。

さて、今日も昼間はあれこれ見て回って行こうと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ