プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先週日曜の野田かぶきレポートです。

まず、あまり偏らずに記事を書いたつもりですが
秋元氏及び元所属先の上方歌舞伎界隈の方双方の熱狂的なファンの方はご覧になられない方が
良いかもしれない点がありますので一応ワンクッション置かせて頂きます。
下画面をスクロールされる方は自己責任で、また記事をご覧になられる自信の無い方は各々の閲覧ソフトの、
『戻る』等を押されて当ブログから退かれるのが無難と考えます。


それでは続きです。




色々すったもんだがあった末の秋元氏の顛末は私も耳に目にしていたので、
興味は多少あったのですが、偶然ネット伝聞で今回の公演を知り、
11時開始の昼の部であれば、この日元々行こうと決めていたJ2リーグ水戸対愛媛戦に間に合うのではと
考え、雰囲気及び出演メンバーを見て、何かすごいものが見れそうだなと斜め45度の想定をしながら
交通手段等の確認など準備を始めていたのでは先週月曜くらいでした。
そして先週水曜に文化会館に電話して直接予約。
その際についでなので数点文化会館の方に確認してみました。

チケットの現時点での売り上げは私さとうが観に行った昼の部に限っては6割程度。
(実際観に行ったら大体それくらいの入りでした。あと夜の部の確認はしませんでした。)
秋元氏は『すったもんだ』があった御方でそれに関連した問い合わせ抗議等は無かったのかについては、
『無かった』との事。
この『野田かぶき』公演が決まったのは1年半前だった事。
今まで松竹大歌舞伎の公文協巡業先になった事はあったのかについては
『あった』との事でした。
終演予定はこの時点では文化会館方によるとの14時15分との事で、
これであれば夜のJ2水戸対愛媛戦にも間に合うと思い最終的にA席での確保を決めました。
(流石にSを買う勇気は無かったのと、S席であろう前列良席は実際行ってみて分かった事ですが売れ行きは良かったようです。)
正直なところ歌舞伎座や演舞場で観てたものとは趣が異なる、
『歌舞伎っぽいもの』『歌舞伎のようなもの』になると想定し、
どんな事が起きても怒らない、憤らない、全ては自己責任、と心に決めて、


18きっぷを駆使し柏まで、


柏から東武野田線で文化会館最寄の愛宕を目指し、愛宕からは徒歩で文化会館を目指しました。

到着時はちょうど開門の10時半頃でして、




臨時駐車場を用意するくらいの盛況のように見えましたが、
想定していた遠征組が車使用ケースで少ないようにも見えましたが。
また愛之助丈が花を2つ贈ってこられていたのも印象的でした。


客入りは水曜(20日)時点での6割ぐらいな感じでした。
チラシでも二ページ目に秋元氏が今年1月に師匠(竹三郎丈)の元を離れたとの報告がありました。

って事で感想に参りましょう。

一.瞼の母より「番場の忠太郎」


上記ツイリンクの通りでしたが、秋元氏、春謡氏、高橋祐一郎さん、國太郎丈は想定内でしたが、
それ以外の役者の方のクオリティが『?』な感じでして、序盤の料亭の場での舞台セットのミニチュア感と相まって
カオスな雰囲気を醸し出していました…。
二.歌舞伎舞踊「浮 気 婿」


浮気婿、聞き慣れない演目名でしたが実は、


『身替座禅』そのまんまなお話でした。
高橋祐一郎さんはじめこの演目が一番歌舞伎っぽい感じでしたね。
あと音楽は地方・生演奏ではなく音源を使用してたように見えました。
音源フェードアウトする手法もありましたので。でも生演奏っぽく魅せる技術、機器の技術革新の現れだったかと思いました。
そして運命の第三幕、

三.おたのしみ

それは…。


なんと演歌系BGMにのっての秋元氏と春謡妙右衛門氏中心の舞踊ショーでした。


歌舞伎公演と銘打っておいてのこの現実、斜め45度の想定とはまた斜め度合いの違った、
135度の現実(リアル)がそこにありました。
ネット界隈での流行言葉、
『なんだこれは…、たまげたなぁ…。』とは、
このようなものを観て見てしまった時に思う事なんだろうなぁと思いましたね。
近くの席の老夫婦が席を立ったまま戻ってこなかったのはツイでも記しましたが、
この私さとうも、時計が14時15分を過ぎ、
昼の部 終演予定は14時20分になっていました。
14時17分になり、ステージ(舞踊ショーなので舞台と言わない方がいいかと思いこうしました。)の上では
秋元氏が眠狂四郎のような素浪人の格好で舞踊をし始めたあたりでしたか、
愛宕駅14時37分の列車に乗る必要があり、おそらくこの舞踊で最後になるなと思いつつも
次の予定、J2水戸対愛媛戦及び試合前物販で出張愛媛物販ブースと、






試合前に愛媛非公式マスコット兼サポーターの一平くんに会いたかったので、


14時18分頃に文化会館を出て、


徒歩で愛宕駅に向かい、超カオス空間『野田かぶき』との別れと相成りました。
私さとうの中で、優先順位は


一平くん>秋元氏及び春謡氏等であった事は認めます。
さてさて、その後徒歩で愛宕駅に向かう最中、文化会館方面からの車の列が多くなったので、
あの素浪人舞踊で終幕になったのかなと思いつつ愛宕から野田線で柏に抜け、


柏から赤塚そしてケースタ水戸に向かったのでした。

それにしましても強烈な約3時間半でした。
秋元氏、今後については色々なルートがあると思います。

松竹及び上方歌舞伎に何らかの形で復帰出来るルート、
(可能性が無いわけでは無いと思いますし。)
菊月喜千寿さんのように古典芸能インストラクターなどの活動をしつつ地方や都心で歌舞伎活動をしていくルート、


前進座預かりになって第三世代ツートップの穴を埋める存在になるルート、
そしてケミストリー的にうまく行かない事が多くなってしまった場合は、
十条~東十条界隈や各地の健康ランドを転々とするルートもあり得ると見ていますが、
今後いついては私さとうのスケジュールが合えば見届けようかなと思っています。
(ライブハウスに芝居劇場、各種球技にたまにオケという感じですので優先順位はトップで無い事だけは確かです。)

あと、気になった事幾つか。
秋元氏の公式ブログで宣伝がされていないように見えた事、
同様に野田市も文化会館WEBサイトの予定表に記していたのみで秋元氏同様にあまり宣伝していなかった事、
あとネットの伝聞等でこの日も遠征に来ると私さとう想定していた出待ち系と見られる熱心な女性ファンの姿が
昼の部においては皆無だった事などがありました。
あと春謡妙右衛門氏一門についても。
舞踊の事は門外漢なので評価云々は出来ませんが、妙右衛門氏始め一門の方には

昭和プロレスの怪奇派レスラーのような雰囲気を醸し出されてまして
私さとう的なとても懐かしくかつ新鮮に思えました。

ともあれ、今回の秋元氏公演、『逆境』と言うには色々ツッコミどころ満載ですし、
何とも不可解な状況の中、客席の6割を捌けた事は特筆に値するかと思います。
が、第二回やるのもそれはそれで構わないと思いますが、
この内容で『かぶき』を名乗り続けるのであれば、少なからず異論等は出てくると思います。
私も次回同じ内容ならば、行くのを躊躇うでしょうし他に楽しめそうなライブやスポーツ観戦等あれば
それに回ると思いますからね。まぁ今回は大手評論家、大手古典演劇系ブロガー、
大手ツイッターユーザーがこぞって無視を決め込んでいたか、無かったようにされていたので、
であれば私さとうが突撃しようと思ったのが理由のひとつでしたから、
2回目があったとしましても、よほどの事が無い限りはタップ(ギブアップ)すると思います。

また、ぐぐっても出て来なかった今回の公演制作元の『輝ファクトリー』、
友情出演された高橋祐一郎さんのツイートに、気になるものがありました。


『道行の自宅のお店』…。点と線が繋がるように思えてきましたがパサつくのでここらへんにしておきます。

次のブログ記事はその後、夜の水戸対愛媛戦レポです。
明晩(8/28)目標くらいで頑張ってみますね…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ