プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:旅行・遠征記
さて、日曜は淡路町と板橋を往復してました。
まずはシンフェスバルに向かうべく、10時前にありの先生宅を出て、
池袋乗換えで丸の内線経由で淡路町に向かおうと考えてましたが、
9/15-16にかけて、都心は熱帯夜だった所為もあってか結構汗かいてまして、
さらに朝食買いにコンビニに行ったらもう炎天下で
汗をかいてしまった事もあってか
一旦シャワーを浴びなおしてから淡路町に向かいました。

淡路町から全電通労働会館へ。正午前だったでしょうか、
会場到着。かなり賑わってました。
そりゃもう主人公ですから、人気も当然あります。
アスランキラレイが中心でしたが、ノマカプだとステラとかカガリとか、
あとマユもあったような…。(とらメロンで見た事があります…。)

お茶会も申し込み。アフターイベントに出るのは5年ぶり通産3回目。
GWのデュオカトルオンリーとヒカ碁オンリー以来ですかね。

申し込み後時間があったので丸の内線→埼京線経由で板橋に向かい、
執事とらのあな!に行って見ました。
執事とらのあな カタログ表紙
会場に着いたのは13時半過ぎで殆ど波は過ぎ去っていたのですが、
結構有名な作家さんが来てました…。

そして気が付いたこと、ナギ嬢マリア嬢ヒナギク嬢の人気3人娘はさておき、
一番多かったのはハヤテくんの本…。まさに4人目の『ヒロイン』と言った感じです。
ガチキャラの虎鉄くん(アニメ版未登場)が相手の話と
(何故かそこのゾーンでキラシン本を見たような…)
ナギ嬢、マリア嬢に無理矢理女装させられる話の、
大体2通りだったような気がします。

シンフェスのアフターイベントが15時開始という事も有り、
14時5分過ぎには会場を出て、再び淡路町へ。

開場少し遅れましたが、アフターイベント開始しました、
アフターイベント シンお誕生日会より
アフターイベント司会の方、声がよく通ってて聞き易かったです。
もしかしてそういう道目指されてるとか?などど考えてました。

ビンゴに早めに当たってリンク先にもあります、
ういらあくるさん作の色紙がまだ残ってまして、
これはとってもラッキーでした。
丁度スタッフとして参加しアフターイベント景品担当だった
ういらあくるさんに色紙を下さいとお願いし、
晴れて景品として獲得しました。
早速部屋に飾ってます。
石川啄木の歌碑(一握の砂)と市村正親X藤原竜也2人芝居『ライフインザシアター』ポスターと、ういらあくるさんの色紙
こんな感じ
あと、ビンゴで番号を引いて別紙の
一覧表記載のシンの台詞を言うってのもありまして、
私もやってみました。
46番って事で、ルナへの台詞『ゴメン』でした。

鈴村さんはじめ、
基本的に男性の声優さんでもオクターブは一般よりも高め、
しかも、どういうシーンだったかうろ覚えだったので、
もうこうなったら破れかぶれ、
コクーンシアターや、演舞場のステージに立ったような気持ちで
『ゴメン』と言って見ました。参加された方、如何でしたか?

そんなこんなでアフターイベントも閉幕、
ういらあくるさんに挨拶を済ませて、会場を後にしました。
ここで再度ありの先生のところに向かい、先生宅の冷蔵庫に置き忘れた
親への土産を取りに行きました。(泣)
ありの先生に夕飯をご馳走頂き、池袋→上野経由で帰郷しました。
今回は変則ダブルヘッダーでしたが、結構楽しめました。
さて、今週末は私自身単独での参加になりますが
自分なりに真摯に取り組むつもりですので宜しく御願い致します。
設定追加&加筆改訂版の『横顔』がメインの予定ですが、
発行物に関しては金曜までにこの場をお借りして告知しますのでよろしくです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ