プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:日記


って事で先週日曜の三越劇場レポです。
この日も10時前に上野入り。後述します鈴本日曜早朝寄席の後、
御徒町から神田に移動し徒歩で三越へ、そのまま三越劇場に向かい開演を待ちました。
って事で感想を。


上演時間はだいたい1時間40分くらいだったように思います。
おそらく大ラスは私さとうが予想していた、お約束的な『形』になると踏んでましたし、
実際その通りでした。
でも、分かっていてもその瞬間、体が震え、涙が出てきていました。
正直なところ、坂本龍馬を巡る考察については、言わずと知れた『昭和の大作家』と
それを『ガチ』と信じ込む風潮に前々から嫌気がさしてまして、
人斬り龍馬 (SPコミックス)
人斬り龍馬 (SPコミックス)石川 雅之

リイド社 2005-05-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

石川雅之さんの怪作『人斬り龍馬』が世に出た時は『やった!』と思っていたくらいです。

でも、今回、それをニュートラルな気持ちに再度戻してくれたのは、
その後の『昭和の大作家』の原型ともなった坂崎紫瀾の『汗血千里駒』の、
創作改変部分が多いので何とかして欲しいというおりょうが、
別の記者や学者に語った龍馬と、おりょう自身の姿と、
そして品川さんの演技力の大きさがあったと思います。

展開がベタで分かっていたとしても感動させる力、
そういえば客席で泣いたのは6年前の『つばくろは帰る』以来でした。

元々興味を持ったのは、8年前に風間杜夫さんのひとり芝居を見てたので、
そろそろ見ておこうと思ったのと、2年連続でひとり芝居を行い、
今回3回目との事で客席の雰囲気含め自分の目で確かめたかったと言うのもありました。

確かに客席は年配層が殆どだったにせよほぼ満席状態でしたし、
根強い人気をうかがわせるものであったと思います。

続ける事の大切さと過酷さ、その中でのひとつの形を見たように思いました。

って事でその前(鈴本早朝寄席)と後(歌舞伎座夜の部幕見)の事についてはワンクッション置かせて頂きます…。
って事で朝の鈴本早朝寄席から。


開演時間1分過ぎくらいに客席に入りまして、丁度木りんさんがマクラのあたりだったと思います。
それからは、


起承転結的な4者4様の素晴らしい世界だったと思います。


特に彦丸さん、師でもあります正雀師匠が乗り移ったような噺の世界でして、
私の夢、正雀師の二代目彦六、彦丸さんの真打ち昇進と(三代目?)正雀のダブル襲名が、
少しでも現実に近付けばとあらためて思った次第です。


そして三越劇場終演後は地下鉄を乗り継いで歌舞伎座へ。


幕見で絵本太功記のみ観てきました。


文楽でも7年前に観ていたので
どのあたりが文楽と違うかにも注目していましたが、ほぼ同じだったように思います。
大播磨にしましても歌六丈にしましても染五郎丈にしましても各方面から絶賛の所以が分かる出来映えだったと思います。


って事で18時半台の上野発の普通列車で帰路に。今週末からはバスになりますが性懲りも無く
都心の各所に神出鬼没しようと思います。(日曜はほぼ確定。土曜も?)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ