プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で一昨日のケースタレポです。
本来であれば試合前の秋元氏配下の女性タレントのライブパフォーマンスを観に行く事にしてましたが、
翌日のスパークの準備中だった事もあり、


出発はいつも通り試合開始1時間半前くらいになりました。


試合前ミニライブでは芝の上でのパフォーマンスだったようで、
ハーフタイムに予定されている2回目のミニライブがどんな感じになるか、
いわゆるガチ勢の動向など、色々と観察の興味を持ちながら、


試合開始を待ちました。そしてそこで待っていたのは…、

同じようなパターンでセットプレーからの富山DFのロングシュートを許してしまいあっと言う間に2点失う展開。


1回目は仕方ないにせよ、同じパターンで2度目の失態をしてしまったのは言い訳にはならないなと思いました。
PKで1点返しましたが1-3で前半終了。


その際も終了間際の臆病なボール運びにかなりイラっと来てました。
あともう少々私が若かったらメイスタで周囲に家族連れ多数の状況でも大声で怒鳴り散らしてたなぁ。
この前のホームでの札幌サポのオッチャン2名のように。
今年観てきた中での最低の内容。


普段はポジ系の内容が多いライターさんやスタジアムDJさんまで、
キレまくる有様でした。そしてハーフタイム。
例の彼女達が出てくる事になり、色々と着目して観てみる事にしました。


グループ自体は国民的になった大チーム名義でしたが、
来る事になっていたのは2軍クラス中心のメンバーだった事もあり、
所謂ガチ勢も大分少なめでした。


天下奪りを目指す若い女性タレントの集団、
ボコボコの足場も何するものぞな感じでの好ダンスパフォーマンスでした。

口パクどうこうを言うのは野暮なもんでしょう。

そして後半でしたが、この時点で私は、


展開次第では初の自主途中退席をしようと決めてました。


後半開始時点で1名メンバー入替など手は打ってきましたが、


追いつかないな、と言う直感が働き、例え追いついたとしてもそこは自己責任と腹をくくり、
35分過ぎ時点で席を立ち、徒歩で植物公園駐車場を目指し、


丁度車の運転席に入った時点で2-3で敗戦の旨、試合終了を知ったのでした。


動員も4000人届かぬ有様、4月の岡山戦敗戦時よりも重い『リアル』だったと思います。


私の場合は、目の前にある『リアル』を見届ける、そんな腹づもりで水戸に来ていまして、
例えが悪いですけど、負けたとしてもあまり悔しさは感じないんです。
自分 が水戸に来ているのは、以前も述べたかも知れませんが、
他競技を貶めるためにサッカーを利用するだけの人、特に現場とまったく関わっていないのに
謎の目上目線で能書きをたれるような人へのアンチテーゼという意味合いもありますので…。



J2岡山の社長のコラム、時折ガチな内容になりますが先月のコレも大分反応あったように思います。
確かに、『地域の誇り』とか『スポーツ振興』などの綺麗事が、
『選択と集中』の名の下にどこもかしこも財布の紐をきつく絞めている現状で、
そう簡単にまかり通るはずが無いと思っていたので、やっぱりなと思いました。
でも岡山の場合は以前からテレビラジオのローカルメディアもありましたし、
特に民放系列局が前々から存在していましたから、広告的な露出度の高さは見込めていると思います。
茨城栃木群馬の北関東三県よりは。そこら辺含めても北関東三県の条件は厳しいかなと思います。
そして今年も揃って下位に低迷する現状、まだまだ先は長いと思います。
栃木のように帳簿を真っ赤にしたり、群馬のように暴力沙汰で紙面を賑わしたりと、
地域に貢献しているのか疑問にならざるを得ないような状況にはなっていけないはずですし、
少しづつ積み重ねていくしか無いと思います…、って記事書いてる途中にこんなニュースも。


10番、その重みに…、なんて事を考えてしまいますね。



話戻しまして高松戦、0-0か1-1かなと予想していましたが現実は予想斜め下のものでした。
それでもハーフシーズンパス持っている以上、再来週もまた行く事になると思います。
リアルをこの目に焼き付けておきたいですし…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ