プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で一昨日昼の部?の黒門亭14時半の部レポです。
東十条から上野に戻り、クール宅急便の手続きをしてから、


中本御徒町にて遅めの昼食。
この時点で13時半くらいと言う感じでして、候補にしてたビックサイトオンリーイベント関連とか、
芸協らくごまつりや歌舞伎座幕見も時間的に厳しくなり、
色々調べたところ黒門亭の14時半の部が魅力的なラインアップである事が分かり、
13時40分くらいから待機列に入り開門を待ちました。
って事で感想です。


前座のあんこさん時は後半睡魔との闘いでした…。
さん光さん、こんな方ですが、

中々の曲者ぶりを発揮していたと思います。師匠権太楼師の前名を名乗っていますし、
大化けすると思いますね。そして若圓歌師匠は江戸の雰囲気を醸し出しておられました。
口で言うだけじゃ無くて雰囲気を感じさせる、小山三丈にも通じるオーラでしたが、
この世界観を継げる噺家がどれだけ居るかを考えると小山三丈同様に色々難しい点があるなぁと思いました。
そして後半戦。




つくし師匠は小道具まで出しての気合いの新作落語。あの川柳師のお弟子さんだけあって
凄みみたいなものも感じましたが、オチは古典落語的な感じでしたね。
そしてしん平師、その多芸多才ぶりは今更言うまでも無い智者才人であり、
そのセンスの一片でも持って帰れればと思い黒門亭を選んだのですが、
期待以上の中身でした。

あと、すいません。三題噺の中で『ど忘れ』のネタを振ったのは私でした。
でも、しん平師もきっとネタにしてくれるだろうと信じ込んでましたし、
うまい具合に客席ゾーンも笑い声に包まれたと思っています。
しくじりはそりゃあったとしても、それをいちいち小言っぽくするのは野暮だと思いますし、
演者も客席もみんなハッピーになれれば、それで事は済む思いましたので…。

って事でこの後はこの日のメインkayacosメインの下北沢GARAGEに向かいましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ