プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で夜のGARAGEレポです。
黒門亭14時半部終演後、御徒町で携帯充電等で時間調整の後、
渋谷経由で下北沢GARAGEを目指しました。
(下北は小田急だと時間かかるから今後も京王井の頭ルートになってしまいそうです。)
って事で感想に入ります。

あおきしべ(パウンチホイール)


以前もコーチガリー主催イベで出てきた際に観た事がありますが
やはり良い曲が多いです。今回も財布ギリギリで購入見送ざるを得なかったんですが、
次の機会こそ何かしら買えればと思います。
この日はサポート女性コーラス入れての三人編成でした。

ダブルオー・テレサ



客席の温度が一気に上がりました。
私も(いつもの)強行軍がたたり、座りながらでしたが途中何度かスタンディングになりましたし。

the electers

ダブルオー・テレサが作った空気を引き継いでさらに大きなうねりとした三人組、
ツイでも記しましたが嵐のような30分でした。

そしてトリのkayacos、


サウンドはもうUKハードロック風な感じでして、
『ほほう、そう来ましたか…。』と思いましたね。であれば前々と前のバンドを呼んだのも
頷ける展開でした。
どんなサウンドになるのか全く前情報が無かったので、
楽しみにしていたのですが、メンバー全員が違うバンドでの経歴もある4人が4人看板と言う感じでもあり、
何よりベース岩井さんのボーカル曲も複数以上あるなど、
今までと全く違う世界観での取り組みってのにも意義があるんだなぁと思わせる内容でした。
1曲目の曲をアンコールとして再演するほどの盛り上がりでして、
この場所を選んで良かったとあらためて思いました。

終演後さねゆきさんにご挨拶。
再来月14日2回目ライブとの事で、色々年末の予定とにらめっこになりますが、
また居合わせたいと思います。



終演後は井の頭線→銀座線経由で京橋から東京八重洲BTへ。
バスを待つ最中新村けんぞうさんのツイキャスが放送されてたんで
イヤホンをiPhoneにつけて視聴、そうしますと私の中でもベスト10に位置します名曲、
『10年、東京』の弾き語りがあったりしまして、バス待ち時間も楽しく過ごせました。
弾き語りで私の二次創作小説のタイトルにもしました、

『それが全てさ』を演奏されていた頃、丁度私もバスに乗り込んだんですが、
隣席さんは、


遠恋さんみたいで車外の彼女さんらしき方とスマホで何やら交信してるようでして、


それなりに輝いていた東京八重洲BTだったかなと思います。


そんなこんなで東京を後しまして何度目かの遠征も幕を閉じました。
それなりに意味も意義もあった変則三連戦、それぞれの表現者の方々から感じたセンスを、
自分も何らかの形で自分の創作フィールドで還元したいと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ