プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先週日曜の変則三連戦、朝?と昼のレポです。


この日もいつものように?高速バスで都心へ。上野降車場で降りて徒歩で向かったのは、




明神様経由での全電通労働会館、の鍵点6でして、
アットホームな空間の中、私はいつものように、

堀江由衣さん演じるメインヒロインキャラの本を数冊購入しまして、
そのまま神田界隈をうろついてました。




そして携帯充電も終わりそのままさらに徒歩で三越劇場へ。


開演を待ちました。って事で感想に参りましょう。


この日から4日前に大元の西部劇の名作、
真昼の決闘 [DVD]
真昼の決闘 [DVD]
ファーストトレーディング 2011-02-14
売り上げランキング : 37555


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

をひと通り視まして予習も済ませてましたので、
どこをどうアレンジ、味付けしたかを中心に観ていく事にしていました。


冒頭から逢い引きをする若者と出戻りのシーンと言う、時代劇的な演出で始まり、
島送りになっていた元目明しが復讐のために戻ってくる事が村中に知れ渡るシーンも
時代劇的な表現方法で行われていたのも印象的でした。
また復讐にやってくる元目明しの弟(これは原作同様)以外の2人は純然たる子分格ではなく、
出刃包丁投げの達人と食い詰め浪人の剣客と言う時代劇的な設定でした。
また、西部劇には無かったオリキャラ追加もあり、金次郎の兄貴分である元目明かし見習いが
金次郎に迎撃のための秘密兵器的なパーツを授ける場面もありました。


また、金次郎の妻と母(これも追加オリキャラ)が決闘前夜金次郎の勝利を神社で祈るシーンもありました。


決闘のシーンでは金次郎の妻が原作同様に弟を仕留めるシーンもありましたが、
金次郎と元目明しの大ラス決闘をはじめ、剣での闘いに重点が置かれており、
あくまでも時代劇としての『ハイヌーン』があったように思います。

動員的にはもうちょっと入っててもいいのになぁと思いましたが、
劇団若獅子の舞台もずっと前から観てみたかったので願いは叶ったかなと思いました。
って事でこの後は関内ベイシス、in stateとSeagulloopを観に行きましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。