プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


大分遅れましたが先月の松本遠征記です。
試合は11/23でしたが、この際色々見ておこうと思い前日入りを決断。
その前日、


始発バスで上京も、3連休初日と言う事もあり想定よりも早いタイミングで首都高渋滞が始まっていたので
八潮乗り換えで秋葉原→新宿駅に辿り着き、京王新宿バスターミナルから松本行きバスに間に合いました。
って事で、






松本を目指し出発となりました。




偶然飛騨高山に向かう真昼常連組の菊井さんとやりとりしたり、



はいざらこうかん聴きながら、




中央道の風景を楽しんだりしてました。




徐々に松本に近付き、松本BTに到着。


まずは遅めの昼食を取ってから、第一の目標としていた松本城を目指しました。






せっかくなんで天守閣登ってみましたが疲れましたね~。


開智学校に向かう前に松本城併設の松本市博物館に立ち寄りましたが、
松本地方の文化歴史が体系的に表示されており、
また、開智学校でも明治以降この地方が教育に力を注いできた訳が理解出来たと思います。


ここで時間切れとなり撤収。


サッカーファンの間(主に昨季今季と訪れたアウェイJ2ファン中心ですが)で、
理想郷のように思われていますが、何もサッカーだけに限った話でなく、


中村勘三郎丈、そして今年は勘九郎丈、七之助丈兄弟で編成されたチーム中村屋で
毎年盛況かつ住民参加で街全体で盛り上げるまつもと歌舞伎、
そして名の通った演奏家が足しげく訪れるオーケストラやバイオリニストピアニストなどの
西洋古典音楽など、文化スポーツに対する考え方が確立されている理由を見れたように思いました。
そしてこの日は後述します松本市郊外、と言いますか塩尻市の健康ランドに泊まったんですが、




早めに就寝していましたが携帯の緊急地震速報で起こされまして、


長野県北部地震(2014年版)に遭遇しました。これが無ければもっと寝れたのになぁ…。

そして翌日。


宿の軽朝食を頂いてから朝風呂入って出発、


また来てみたいです。良い宿でしたし。
徒歩で村井駅を目指しましたが、ここで松本サポの方に、


お気遣い頂きましてあらためて感謝する次第です。


そして松本駅から松本BTのシャトルバスに乗って向かうはアルウィン、


開場時間前に着きまして色々楽しんでみました。そして会場、




あっと言う間に席が埋まっていく有様は凄いのひと言でした。


水戸側もアウェイ組は今までと比較しまして相当な人数でしたし、盛り上がってはいました。
そして試合と言いますと、



前半は何とか0-1で凌ぎましたが、後半はただなされるがまま。
帰りの新宿行きバスの事もあり、試合終了5分前に席を立ちバス乗り場へ。




試合自体は残念な内容でしたが大体の目的は達せたと思います。




ただ、帰りの高速、中央道上り線名物の、


小仏渋滞の洗礼を浴びましたが…。
それから今週まで、人の出入りがあったりとか、




退団選手サイン会が開かれたりとかしました。
その際に尾本選手が松本の様子を羨むように述べていましたが、
あの状況になるためには元々松本が培ってきた文化スポーツを尊重する風土と、
エプソンをはじめとする強い企業の存在も考えなければなりませんし、
水戸があれを目指すには色々やらなくちゃいけないことがあります。
その中でも、すぐに出来る事があるかなと私さとうは考えてます。
それは年配層への売り込みを強化する事だと。
アルウィン及びその周辺を見て思ったのは年配層のファンが多かったと言う事、
世代別格差などは置いておいてお金と時間がある層を充実させる事に越した事は無いと思います。
それにあまり勝敗に関わらず優しい視線で応援してくれる方が多いと思いましたし。
jマジとかちょっとひと昔前的なメディア戦略もありますが、
ここは名を捨てて実を取る戦略が欲しいと考えます。

そしてファンの側にも一言。
三ツ沢ホームゴル裏でやくざごっこをしてた連中や群馬で紙面騒がせた連中は論外ですが、
ネット界隈見ますと、なんでも因縁付けたり、著名人に絡んだりしてる人が見受けられます。
ケンカ売ったり、上から目線で能書きを垂れるのは結構ですが、
水戸の看板を外してからにしろと言いたいですね。
一事が万事、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、と言う言葉を知らないのかなと。
『こんな奴の応援するとこなんか倒産、消滅してしまえ』と思われていたとしたら、
どう責任を取るつもりなのかと言いたいですね。敵を増やす行いは謹んでほしいものですが、
まぁもっとも、分かっててやっているんでしょうし、私は私で下すべき決断をするまでですけどね…。

サイバーフーリガンやネットチンピラの類は申し訳ないですがNGです。

来年は笠松開催も決まってるようですし、色々動きもあるようですがようやく動員含め
良い方向に来ていると思いますので、少しずつでも積み重ねて行って欲しいですね。
私さとう、とりあえず来年のサポクラの更新はしましたが、それ以降の踏み込み方については
状況に応じて考えていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。