プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で私さとうが観ました先月の落語講談歌舞伎等総まとめ記事です。
まずは先月7日のサームワンマンライブ後に千代田線経由で急行しました日暮里サニーホールでの
遊雀師匠の勉強会『遊雀式』から。この日はゲストにコント赤信号の小宮さん、


とある人気ドラマシリーズで悪事に手を染める(犯人役の)落語家を演じてからハマったとの事でしたが、
中々の芸達者ぶりで恐れ入った感じでした。


そして遊雀師匠、期待してた通りの爆笑古典落語でした。マクラでの某民放BS演芸番組を巡る話とか、
本噺での与太郎や馬鹿夫婦の人物描写も最高でしたね…。
4年前国立で感じたインスピレーションはホンモノだとあらためて思いました。
そして遊かりさんのモン弟子(モンスター弟子)ぶりも、ネタかマジか分かりませんでしたが、
終演直後の『消灯パフォーマンス』にはぶったまげました…。
これは快楽亭ブラック師匠門下、ブラ坊さんとのモンスター前座2人会が開かれるフラグかもしれません…。
そして翌週、まずは12/13(土)、


冬コミ新刊入稿後、南千住の宿に荷物を預けてから黒門亭へ。
目当ては琴調先生の忠臣蔵外伝でしたが、先生マクラの際に、
翌日の12/14(赤穂浪士吉良邸討ち入り)は講釈師にとって名実ともに、
大事な日なので定席などの通常の予定は入れてなかったが、
今年は空いたままになってしまっったとの事で、何やら時代の移り変わりを感じてしまいました…。


この日はしん平師も登場するなど中身の濃い1000円と2時間強の時間だったと思います。
そして翌日の12/14(日)


朝練講談会に行ってきました。この日は神田松之丞さんと一龍斎貞橘先生、


共に赤穂浪士に関わるお話でしたが、貞橘先生のマクラの際での
某夕方ニュースショーでの特集収録と放映時を巡るアレな話を聞き、『あっ…(察し)』と思ってしまいました…。
少なくともあの時間帯、日本橋亭に集う人達は進んであんな俗悪番組視ると思えませんよ。
私さとうの中では完全な『エネミー(敵)』ですし。


そして夕方からは歌舞伎座へ。通し狂言、雷神不動北山桜を観てきました。


1幕目は早替わりもあり、海老蔵丈大暴れな感じでした。そして二幕目、


そのまんま『毛抜』でした。この話は粂寺弾正が悪人を退治する話でもあるんですが、
中盤でのコミカルな場面で、若衆と腰元にセクハラまがいの事をして拒否られるシーンがありまして、
いつも若衆のセクハラまがいシーンの際に、なんでまた若衆から手を出そうとするんだろうと考えてしまいます(笑)。




(上記2件ツイリンクは本文と関係ありません。一応。)


そして各所で絶賛されていた玉三郎丈の雲の絶間姫が観れた鳴神も観れましたし、
何より海老蔵丈のハジケっぷりが印象に残りましたね…。


そして12/21、国立劇場、伊賀越道中双六を観てきました。








展開もあらかじめ調べていたので、岡崎の場の凄みみたいなものを感じたくて、
行ったわけですし、そこらへんは期待通りでした。
特に感動したとか、そういうのはありませんでしたけどね…。話が話ですし。

義太夫狂言はチャー研やひと昔前のテレ東時代劇並みに登場キャラの死亡率が高いものもありますので、
これもそのひとつとみていましたし。ディスるために観るなら来るなとは言いませんが、
ピントがずれた感想をする人も居たのが気になりましたね…。どういう展開になるかは予め分かっていたはずですし。

あとは、この後浅草歌舞伎での記事にもしますが、
どんな相手でも格負けしない歌六丈に、
歌昇丈、種之助丈、隼人丈、米吉丈の『チーム播磨屋』の若手の成長も感じれた舞台でした。

って事でざっくりまとめてみました。今月もあと20時間くらいしかありませんが何とかその時間中に、
今月観たあれこれを記事にしたいと思っています。
まずは先々週のイノセントスフィアと真昼、そして先週の浅草と真昼になるかと思います。
こうご期待?
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ