プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先々週のイノセントスフィア公演レポです。

この日はこの後記事にします夜のヒゲボとマカロニボニーがメインの真昼と、
今回の昼のイノセントスフィアとの2連戦でした。
『刻印』、これは『刻(きざむ)』と『印(しるし)』の2本立てなお話でして、


こちらの画像ツイにもあります通り、97年の神戸の例の事件と、
第二次大戦時の日本の従軍慰安婦がベースと言うデリケートな元ネタで制作されました。
って事で感想に参りましょう。

まず、前半の『刻(きざむ)』から。


事件から十数年後、諸方面から『保護』された状況下の『彼』、
『彼』の周囲で似たような事件が起き、その事件の渦中にある関係者、
そして『彼』関わった十数年前の『事件』の関係者が、
『彼』の元を『訪れ』る、と言う話でして、出演者が4人しか居ない(『声』含めれば5人でしたが。)と言う、
濃密かつ狂気に満ちた世界のお話、と言った感じで、
終盤の展開は私さとうの心の中のどこかで予想もしてましたが、実際にそうなった時の衝撃は、
自分の中でも凄かったと思います。一昨年の『カルデッド』以来のまたも感じた、

『三冠パワーボム』なオチ、って昨今もこんな事が起きてしまいましたね…。


私さとうも、あの事件発声時は大学在学中でリアルで感じていた世代でして、
当時夏冬有明上京の際に定番にしていた殺害塩化ビニールのライブでも、
顔面土砂崩れ
顔面土砂崩れキューピークレイジー

インディペンデントレーベル 1997-08-08
売り上げランキング : 1358208


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それと連想させる曲とかも聞いてましたし、モッシュとかもしてました。
確かに、あの事件から半年くらいは何かしらムック本とかも買ってたりしてましたがいつの間にか
記憶の片隅に埋もれていました。その頃を思い出したりしながら見ていました。

そして『印(しるし)』、


主人公の人生を遡る形での展開、ツイでは記してませんが、昭和恐慌や寺山修司にヒッピーなど
その時その時のトレンドを盛り込んだり、そして2番手キャラの伴侶の出身地と言う形で
広島を絡ませるなど、そして定番のプロジェクターを使用した手法、全てに唸らされました。
ラストの時点で周囲の女性客は殆ど泣いていましたし、私ももう少しで泣くところでした。
これはもう後味の良さも合わせ、お見事と言うより他は無いと思えました。


終演後、『刻(きざむ)』主演、『彼』役でありました狩野和馬さんにご挨拶、感想や今後の事などを窺いまして、


池袋から東新宿に向かいました。って事で次記事は夜の真昼レポになります。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。