プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先週の浅草歌舞伎午前の部レポです。
先々週のある日、偶然戻り3階席をゲット出来まして、
座頭扱いの方も含め色々と話題になっていましたので行くしか無いと考え陣取りました。


って事で感想に参りましょう。

新年ご挨拶


この日は巳之助丈と種之助丈でしたが、種之助丈が一度だけ巳之助丈を、
『みっくん』と呼んでいたのがハイライトでした。
7年前、一部ネット界隈を騒がせたアノ騒動ん時も某御曹司に『みっくん』と呼ばれてましたね。確か。
例のブログまとめブログもご参考までに
今でも同世代からはそう呼ばれているのには何やら親しみのようなものを感じていました。

春調娘七草


曾我兄弟と静御前の舞踊劇でして、それぞれ松也丈、隼人丈、児太郎丈の組み合わせでしたが、
それぞれ今時点でのリミットには来ていたかなと思えました。

一条大蔵譚


昼の部で一番期待してました演目、歌昇丈の大蔵卿がやはり大播磨のそれを随所に感じましたし、
いつか歌舞伎座で演じられるであろうその日を楽しみにする事が出来たと思います。
そして松也丈、あまり期待してませんでしたが思っていたよりも良かったと思いました。
でもこの『思っていた・思った』ってのは獅童丈のそれと同じインスピレーションでして、
どうみてもギミック・ブックであると思われても仕方ないであろう例の話題にしてもそうですが、
脇役の血筋って色々大変なのは分かりますが色々ツッコミどころもあるんですよね…。

独楽売


みっくん、巳之助丈が収穫でした。舞台からみなぎっていた自信を感じていました。
去年の浅草、演舞場での経験が生きていたように思いましたね。


先日CX系でドキュメントっぽく放送したテレビ番組放送後に、収録時のいきさつを丁寧に説明するあたりも好感が持てました。
今年の浅草、動員的に見ますと流石に土日旗日は賑わいましたが平日は苦戦を余儀なく事もあったようで、
そこらへんの空回りぶりも心配していましたが当の松也丈は予想してたよりも良かったですし、
何より『真・座頭』のみっくんこと巳之助丈の存在でプラスになったかなと思います。
巳之助丈、ウィキったりぐぐればお分かりになるかと思いますが複雑な家庭環境で育ち、
一度は家を継ぐ事も拒む事も考えたようですが最近の充実ぶりは私さとうでも感じるくらいです。

壱太郎丈のように今年ブレークして欲しい存在です。
そうすれば来年の浅草は東西天才若手を看板に出来ると思いましたので。


って事で浅草を後にし、そのまま渋谷、オーチャードホールに向かいました。


山田和樹、マーラー・ツィクルスに行ってました。


30代にして世界のオケ界を震撼させている天才指揮者、
この日の夜のイベント・ライブを調べている内に偶然知りまして興味を持ち、
某地で確保した3階席に布陣しました。




楽曲は『生と死』をイメージした厳粛なテーマでしたが、その中で自己主張せず円熟したセンスを見せていた指揮者山田和樹の姿、『天才』の新たなスタイルを見たように思いました。
私さとうとほぼ同年代ですし今後さらにどう熟成されていくか楽しみです。また観たいですね…。

って事で次記事は翌日の真昼中心のレポです。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。