プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日久しぶりに舞台演劇鑑賞、新橋演舞場に行って参りました。


昼間は西武ドームでオープン戦14時半までの限定観戦、そこから池袋と銀座乗り換えで東銀座を目指しました。
って事で感想に参りましょう。


序盤はかぐや姫の誕生からロマンスの相手京之介との成り染め中心でしたが、


子供時代の演じぶりも中々で、声の幅もあるようにみえましたしあの演技力ですから尚更でした。
深夜アニメのヒロインとかも演じてみても水準以上の演技が出来るんじゃ無いかと思えますね。


かぐや姫と京之介が駆け落ちした江戸長屋から始まるトンでも展開で、
四谷怪談の世界観を織り交ぜたり京之介は『高貴な血筋の所以』だったりと展開が凄かったですが、
その中でも猿弥丈が直美さんとのアドリブ合戦に応じたり、
上條さん二役で演じられていたかぐや姫地球の父、月庵登場後のシーンで上條さんの物真似しながら出てくるなど、
ノリまくりでした。




そしてラスト、ラスボス的な存在の左大臣達の悪計と、それに対抗するかぐや姫京之介達の大立ち回り中心でしたが、
その中でも宙乗りと大ラスシーンでの直美さんや猿翁一門の役者さん達のそれぞれの持ち場に徹する姿勢を
感じる事が出来たと思います。
伏線回収もトンデもない世界観でしたが物語の理には叶っていたと思えましたし。

って事でカーテンコールの後終幕となりました。
全体的にミュージカル仕立てで大味な感じもありましたが、それでも観に来ていた方は
概ね満足されていたのではと思います。
猿翁一門の皆さん、特に幹部役者さんですと今回の場合、
月乃助丈は今回イケメンキャラを貫き通したので、猿弥丈のコミカルな演技も生きてきたと思いますし、
理解者であり良心の具象化キャラ中宮であった笑也丈と、同様にコミカル路線だった春猿丈にも言えたと思います。
またかぐや姫の地球の父と銀河系の父を演じられた上條さん、
八重子さん筆頭に新派の皆さん、そして大津嶺子さんとそれぞれの役者魂に感服しつつ余韻に浸りながら、
演舞場から有楽町までの道のりを目指しました。

またこのメンバーでのスーパー喜劇第三弾も観たいと思っています。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ