プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
ブラック師匠毒演会チラシ


って事で先週土曜のブラック師の毒演会レポです。
昼間は、


西武ドームに行ってまして、

御存知の通り2-0で埼玉西武の勝ちとなりましたが、
オリックスは中継ぎの柱であるはずの比嘉と岸田がまだ不在なのが響いていると思います。
またこの日までは中軸バッターで好不調がハッキリ分かれてた感じでしたし。


そうしている内に御徒町逆算での西武球場前電車発車時刻が近付き、


席を立ち通路を通っている最中、試合終了となっていました。


池袋で10分近く待ちぼおけに遭遇してしまい、広小路亭着もだいたい10分遅れ、
到着時はブラ坊さんが前座噺の終盤に差し掛かられていた頃でした。

って事で感想に参りましょう。


ブラック師は旭川遠征でのよもやま話からお見立て花魁が女形のようなセリフ回しで、
歌舞伎通としてのブラック師の姿を見れたように思います。そして以外とも思えたのは、
『一文笛』、ブラック師が中々やりたがらない人情話でもありました。調べてみたら、




古典のように見えて実は先日逝去された米朝師作の新作落語だったのです。
各キャラを丁寧に演じられる姿に、やりたくないけど、やる時はやり切る姿勢を感じました。


そして後半は『XXX茶屋』(一応私の口からは具体的な記述をしないでおきます)と、『紀州飛脚』でした。
今回、


ブラック師匠が女性向けにプレゼントを用意していたのが効果があったかどうかは分かりませんが、
若い女性、カップル連れが複数見受けられました。
後半はブラック師匠的なお色気路線バリバリでもありましたが、
そういうシーンでもクスクス笑っていた方が複数見受けられましたね…。

三Q時代の上方落語の日々もブラック師の血となり肉となったと言う事をあらためて感じた夜でした。

この日は鈍行列車にゆられ3時間かけての帰路となりましたが、


原口誠さんのツイキャスを視ながらのんびり進んで行きました。
次は昨日のJ2水戸初勝利の記事となります。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ