プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)

って事で先週日曜夜、片山遼さん弾き語りワンマンレポです。
昼の大統領師匠終了後、池袋であちこち用事を済ませた後、りんかい線乗り入れ埼京線電車で渋谷へ。
そこから田園都市線でひと駅進み、開場を待ちました。
って事で感想に参りましょう。

サプライズOAとしての原口誠さん演奏の後、遼さん登場となり、ステージ開始となりました。

オリジナルカバー含め客席ゾーンからの事前リクエストを招集した上でのステージでした。

私さとうカバー曲リクは遼さんブログにも記載されてました、

でしたが、今回はまたの機会と言う事になりましたが、

福笑いをはじめとした演奏されたカバー数曲、
どれも良い曲でしたので、なるほどなぁと思ってもいました。
あと、即興での『花びら 春の雨(3つめは念のため自重しておきます…。)』
『花びら』はあの場に居合わせた方なら御存知かと思われますが遼さんが私さとうにネタ振って頂いて、
答えたものでした。いい感じの曲になっていたので、

完成版が楽しみになっています。
そして、大ラスでの『奇跡』、遼さんが目に涙を貯めておられたように思いました。
他の方もブログツイ等で言及されていましたが、
今まで一番思い入れのある歌いっぷりだったと思います。

その『意味』、私もこの時点で色々思い浮かぶ事があり、
また遼さんも後半MCでそれとなく言われてましたし、これもまた翌日からのツイブログ等で
他の方も色々推測されてましたが、その時の私さとう、上野終電の時間以外は遼さんの歌を受け止める事だけに
集中していたように思います。


終演時間が当初予定の19時半から1時間以上押しの20時45分くらいでして、
アンコール無しの挨拶の前にひとり席を立たれましたが、私はその後の二人目となりました。

って事で『追加料金』を支払う事になりましたが上野終電に何とか間に合い、


いつものごとく新村けんぞうさんのツイキャスを視ながらの帰路となりました。

拠点としていた某所の運営体制変更(これが初めてではないですよねあそこは…。)が、
成功したと言えたであろう去年秋の大会場ライブ終了後、遼さんが個人で活動しようという
気持ちになっていったのかなぁと言うぐらいにしか推測出来ませんが、
ともあれ、この昼夜ワンマンに並々ならぬ思い入れを抱かれていたのは理解できましたので、
押しまくるなんて事は今回含めごくごく少数なパターンになると見ていますからそんなに心配はしていません。
ここからまた、少しずつお客さんを増やしていき、また大きなところでバンドライブが出来ればと思いますし、
それが出来る人だと思っています。

でも、その過程の中で、真昼やモナレコ、ひまわり広場で手をつなごう、
あと現在帰郷中のたけはなしょうたさんがスタッフとして居られます松山サロンキティにも上がられる遼さんも見てみたいと思います。

あからさまに媚びへつらったり、キャラ作りをあざとく徹したりというものばかりなこの世界で、
遼さんも、『誠実に、そして媚びずに』を体現している方の中のひとりと見ています。
当然期待していますし、今後もなるたけ見届けたいと思ってますし、
『ありがちなイケメンミュージシャン』と、
一括りにして冷笑している人等の鼻を明かして欲しいと思いますね…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ