プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)

って事で昨日のmomoファイナル2days1日目、対バン編レポです。

諸事情で午前中は自主待機と言う事になり、

出発は午後イチで到着は17時過ぎくらいでした。到着時、

ラストMCとラストの短いフレーズのみの演奏を観ましたが、DISC020000との競演が観たくなりました。
この後のソウダウソさんとのステージ転換時にすぐるさんにご挨拶。

東京を離れる事など、色々伺いました。
ソウダウソさんのステージの後から、元々想定してた演者さん達との遭遇になり、身構えて臨みました。
って事で感想に参りましょう。

Hicube junction、途中ヴォーカル用ギターの音が一時出なくなるトラブルもありましたが、
それも全体的にプラスにしてしまうくらいの熱いパフォでした。
MCの際に言われてた事ですし意図的にであったであろうソウダさんが作った空気を、
見事なまでに変えてみせたのは凄いと思いました。
7月のin state、シーガループとのスリーマンツアーも楽しみです。
megumild

ヴォーカルの方の弾き語りでの出演でしたが、今の状況が残念に思えてもいました。
何度かあったであろうチャンスをひとつでも、少しだけでもモノに出来たのであれば、
違った今と未来があったのではと思います。チャンスすら得られずに沈んでいくミュージシャンも沢山居られると思いますし。
ざっくばらんなMCの中でこれもまたざっくばらんな形でmomoへの感謝があったのが救いだったかなと思います。

JIVES
確かに、要所要所ではステージ巧者ぶりを見せていましたが、客席の盛り上がりぶりが
さほどでもなかったように思えたのが気になりました。
one cake size feathers
このタイミングで食事に行こうかと(この日は途中入退場スタンプ制でOKでした)思いましたが、
踏みとどまらせるだけのものがあったと思います。
サプライズ演出?で私が観れなかったamerica tourのメンバーも登場させるなど、
色々手が込んでましたしラスト曲での作り上げた空気感は見事でした。
この時点で一旦夕食で退出(遅い時間に食べるとカラダに来ますので)、
隣のうどん屋さんでサラダうどんを食べてから戻りました。

その食事後のthe brush、熱いステージでして、特にラスト曲のささくれの人生がグッと来ました。
ちなみに、私さとうに限って言えば前半の対比状況を示す歌詞部分、
リアルでは斜め下なものが多いですけどね…。

nainaiboys
ヴォーカルの方のMCで付き合いは一番短い、と言う事でしたが、
momoへの愛とリスペクトに溢れたステージとなりました。
この時点でジワリジワリと押してきていまして、
私さとう、おそらくこの日は最後まで見れないと覚悟を決めていました。

メインステージサブステージの使い分けで、時間のロスをなるべく回避してきた戦法は流石かなと思いましたが、
いかんせんメインステージ三連続ともなりますと、ロスは生じてしまいますし、
やむなき面はあったと思います。


そしてトリmomo開演、1曲目の『君の空』から、すぐるさんが声を詰まらせるシーンがあり、
2番のサビ時、反応的に歌っていました。私以外でも客席前列ゾーンで同じ現象が起きていたと思います。

そしてアンコール前に無念のタイムアップ。急ぎ足で吉祥駅に向かい、

終バスにも間に合いまして2DAYS1日目は幕となりました。

明日、と言いますか今日、最初から最後まで見届けるつもりです。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。