プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で一昨日のイノセントスフィアが出場しました演劇フェスレポです。


勤務先の超繁忙状態もようやく落ちつきを見せつつある状況下で、土日とも休みになり、
キャンセル代(っても微少額ですが)払う覚悟で元々予約してました高速バスチケを駆使し、
武蔵小山に突撃する事に決め、上京バスの車内で、


狩野さんに取り計らいして頂きまして、前売り料金で入れる事になった次第です。






って事でいつものルートで上野降車場から徒歩で明神様、神田駅まで歩き、
そこから目黒経由で武蔵小山を目指しました。
って事で感想に参りましょう。

イノセントスフィアは『セイレン』という演目での参加でした。


あの日、私自身のところは、人的被害はなかったものの沿岸部は津波被害もあり、
地震自体の被害も大きく停電3日間、断水も7日間ありました。
そしてその年の6月仙台市沿岸部に赴き、ボランティアにも参加してきてまして、
今でも三陸被災地を何らかの形で支援したいと願い、今年も正月石巻気仙沼に行ってきてました。
そんな私さとうが、西森さん狩野さん達があの日を描くならばきっとこんな風にしてくれるはずだと、
心の中で思っていた世界が目の前にありました。


確かにこういう見方もありますし、否定はしません。
ですが、イノセントスフィアの場合は正月の『刻』、あとは『ハリジャン』などガチ路線もありますからバランスは取れてると思ってもいますけどね…。
ともあれ、元々取っていた西武阪神戦の内野チケットを後回しにしてまで観に来た意味と意義はあった、
そう思っていた事は確かですが、この後地獄が待っていたとは思いもしませんでした…。
(後述します付近の客の行状から、嫌な予感もしてましたが…。)








その近隣席の二人組、配っていなかったはずのそっち系のチラシを幾つか持っていて、
開演直前まで小うるさい声でそっち系のネタを延々と喋ってまして気にはなってましたが…
流石に開演中は静かにしてましたが、ここでも喋ったり携帯でステージ撮ろうとするのが前進座の客層レベルですけどね。






少なくとも私さとう、あの事件の事はフィフィ氏の発言に限らず一通り調べてまして、
あの名称を使う事はムスリム、またはモスレムの方々への侮辱になる事も当然知っていました。
あーも一方的な情報源しか流さず安っぽい正義感を振りかざす内容に正直キレる寸前でした。
ですが、近隣席に居座ってたのソレ系の二人組連中に『逃げた』とか思われるのが嫌で意地になって客席に居続けました。

もう、アレですかね?そっち系に媚びるシナリオにして動員を稼ぎ、票数を稼いで優勝しようなんて、
そんな考えだったとかですか?
ソレ系の客とソレ系に媚びたシナリオ、この時私の中で点と線が悪い意味で繋がった瞬間でした。



問い詰められればネタだと言って逃げ切るつもりだったんでしょう、そして逆キレして
『ネットガー』と居直るいつもの展開が簡単に見て取れます。
そして…、


ロ字ックについては評価する声もあった事も確かでしたが、
2番目の我慢のし過ぎで精神的な体力が消耗し、耐力(あえて誤字のままで)が落ち込んでいたのもありました。
ロ字ック、また何らかの形で観る機会を得られればと思います。2番目と3番目が逆だったらなぁ…。
この後、西武ドームに直行し、




イノセントスフィアの優勝を知ったのでした。
少なくともあの場ではそっち系の『動員』票に負けなかった、その現実に安堵もしてました。




俗に言うリベラル・左翼勢力は特に多国籍企業の行きすぎた経済活動に何らかの形でくさびを打ち込み、
冨の再分配を計る事にもう少し配分を向けていいのではと。
『資本家の暴走を止める』事も彼等の昔からの手法のひとつであったはず。
ですが、日本の場合ですと大企業とその労働組合、教組と教委、自治労と自治体の構図ってのが
純粋な対立ではなく、プロレス的な『アングル』『ブック』でしかないのが殆どと言う事もあり、
(去年の衆院選ある選挙区では労組出身の民主候補を労使協調路線の組織票パワープレイで対立候補を押し切った事もありますからね…。)
彼等的な言い回しですが、昨今『格差是正』の声が気持ち悪いくらいに聞こえてないのが実情です。

そしてあの人等も、今までも何度か見てきた定番のパターン、
誹謗中傷、個人攻撃レベルでの風刺がウリ→ネタ切れや手法が硬直化またはビジネス上のトラブルで取り残され、
労組や政治団体等、それを母体とする政党、メディアの所謂左翼ギルドの庇護下に入って、
(しかも昭和時には存在したであろう総括または自己批判無しで)、
彼等に媚びる路線を取る事により動員や売り上げなどでその経済的な恩恵を受けると言う形、
(『営業左翼』なんて言い回しもあるようですが。『ぼっち営業』とか『弟営業』みたいなもんなんでしょうけどね。)
典型的なのがやくみつる氏に爆笑問題の太田氏、あとはザニュースペーパーの方々もそうですが、
まぁ、そんな形をココで観れたのは、確かに左翼ギルドの勢力が今現在でもある程度の力を維持している事が
あらためて理解出来たと思うようにしています。これもまた現実として観れて良かったと思っています。
私さとうの中では、


3年前10月のヨツヤタカヒロ氏の当時のツイアカを脱法取得したゴロツキ歌謡香具師との遺恨もあり、
(名前も言うのも嫌なのでこの名称で通します。キャラチェンジしたっぽいですがコンサルとかの入れ知恵でしょう。あの系統の連中は必ず本性をさらけ出す時が来ますのでその日を楽しみにして待ってますw)
左翼ギルドは仇敵怨敵の存在でもあるのです。




(彼等になびくような言動が目立つようになったある方と距離を置く事にしたのもその為です。あれほどの人が『営業行為』に奔ったのはとても悲しく、残念な事でした。少なくとも今年いっぱいは氏が関わる興行及び新横界隈への出入りを控えるつもりです。)
確かに、ニューペの人等もベテランの域に入っていますし、
あの人等がニューペの後継者を名乗り、労組や政治団体向けの存在として特化して行く事も、
ビジネスのイチ手法ですし、それは私も否定しません。
ですが、私はもう二度とカネと時間を使わない個人・集団のリストにこの人達を入れる事にしましたが。
あの人等への別れの言葉に代えて、大学在学中に偶然手に入れることになった私の人生ベスト10に入る名盤、
ファンキー!アジアン・ソウルの2曲目、
ファンキー!アジアン・ソウル
ファンキー!アジアン・ソウルデカマラ

インディペンデントレーベル 1994-09-25
売り上げランキング : 891828


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

恋のフォーミュラの歌詞を贈りたいと思います。
『時代に合わせてスタイル変えて、前からそうだったみたいな顔、恥ずかしい過去、どこやった?まぁしょうがねえや、そんなもんだ。』
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ