プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で昨日のフーテンプロレスレポです。


フーテンプロレス開始時間から逆算しまして14時半退出と決め、まずは目指しましたのは西武プリンスドーム、












直人さん四球、秋山見逃し三振、この時点で球場を出ましたが、

まさかこの展開になるとは予想もつきませんでした。流れを変えられるかもしれない勝利かなと思います。
そして、


着時間計算をミスってしまい、プラザソル着は10分遅れ。
それでも何とか開会式には間に合いました。って事で感想に参りましょう。

◆第一試合
バチバチ・ルール30分一本勝負
○関根 龍一〈K-DOJO〉 VS ×那須 晃太郎〈FREE〉
(10分18秒 グラウンドネックロック)


第一試合らしい蒼く熱い世界観の中での戦いでした。
この日発売された公式パンフでの二人のトーク内の『熱さ』もまた魅力的でした。

◆第二試合 [TAG MATCH]
バチバチ・ルール30分一本勝負
○柴田 正人〈FREE〉竹田 誠志〈FREE〉
VS
モハメド ヨネ〈NOAH〉
×タケシマケンジ〈スポルティ-バ エンターテイメント〉
(14分31秒 KO)※ベリートゥバック






この4人、あえて言いますが竹田さんが出世頭のようにも思えましたが、
4者4様の世界の中での熱い戦いの中で、柴田さんの〆のベリートゥーバックの説得力はあったと思います。
◆第三試合
バチバチ・ルール30分一本勝負
○真霜 拳號〈K-DOJO〉 VS ×伊藤 崇文〈パンクラス ism〉
(10分00秒 TKO)※逆片エビ固め




伊藤さんが攻めまくる展開で防戦一方の真霜さんでしたが、
終盤の逆転の垂直落下式ブレーンバスターと〆の逆片エビ、
これまた前の試合の柴田さん同様に説得力アリアリなものでした。

◆第四試合
プロレス・ルール30分一本勝負
○バラモン ケイ〈FREE〉 VS ×井上 雅央〈FREE〉
(9分42秒 ジャックナイフ式エビ固め)








雅央さんとバカ兄弟の遭遇、このカードが決まった時点で西武阪神戦とのハシゴを決意したくらいですので、
期待しまくってましたが、予想以上のケミストリーが観られました。


『ホワイト井上』が出現したりともう滅茶苦茶(無論褒め言葉)でした。
雅央さんが兄弟を『担ぐ』シーンがあれば私の中では完璧でしたが、それでも大満足でした。

◆セミファイナル [TAG MATCH]
バチバチ・ルール30分一本勝負
○日高 郁人〈ZERO1〉フジタJrハヤト〈みちのく〉
     VS
ザックセイバーJr〈NOAH〉×臼田 勝美〈FREE〉
(20分43秒 ショーンキャプチャー)








これまたセミらしい好勝負でした。試合後臼田さんの引退宣言に、『ええっ~。』って言ってしまいましたが、
辞めるなとも言えないですし、今は臼田さんの最後の晴れ舞台を何とか見届けられればと思います。
バチバチを、フーテンを彩った試合巧者、今はまだお疲れ様などの言葉は言わないでおきます。
◆メインイベント [TAG MATCH]
バチバチ・ルール30分一本勝負
鈴木 秀樹〈FREE〉○のはし たろう〈みちのくプロレス〉
   VS
池田 大輔〈フーテンプロモーション〉
×アキバ 仮面〈フーテンプロレス〉
(29分45秒 キャメルクラッチ)












終盤の大ちゃんとのはしさんの頭突き合戦に、大ちゃん達がフーテンの場に立ち続ける理由、
色んな人が交わり、去って行ったフーテンの場、その中には木村さんのようにこの世からも


去られてしまった方も居られました。そんな中であの頭突き合戦は、
大ちゃん達の『俺達はここに居るんだ、居続けるんだ!』と言う気持ちがあったのだと勝手に思い込んでます。


そして大団円、そういや大場さんはお仕事だったんでしょうかね…。

物販で考えていた雅央さんTシャツとみちプロ後楽園のチケ、今回はどちらも無かったので、
いつものように川崎駅を目指しました。


私自身がバチバチに通おうと思った理由の中に、
2年前からフェードアウト状態の原色さんをフーテンの場で待とう、待ち続けようと思ったと言うのもあります。
フーテンや元バト界隈の方々が野口さんを待ち続けているように。
無論、足を洗っていたり、伴侶を得て幸せを得たとしましてもそれはそれで尊重するつもりでもありますけどね…。

そして、はじめてフーテンのリングに通うようになってから8年経ちました

この日の大ちゃん達のように、自分自身、今のポジションに立ち続け、居続けようと改めて思いました。


次回は未定との事ですが、次回もまたプラザソルのいつもの場所で一部始終を自分なりに見届けよう、
そう思っています。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ