プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で先週土曜の水戸通いレポです。




ホーリーくんの誕生日とか色々やってましたが、キックオフを迎える事となりました。
って事で感想に参りましょう。










前半は小谷野選手がいよいよ覚醒かと思わせる先制弾を放ちましたが、


徐々に押され気味な展開に不安も感じていました。
そして後半…、


どう見ても凡ミスな失点で同点となり流れが完全に北九州側に行ってしまい…、


逆転されてしまいました。ミスから流れ変わった展開は去年の秋ホーム最終戦対栃木SCでのそれを思い出しましたけどね…。


そして、動員も予想を超えるレベルでの不入りぶりでした。そして…、




結果は御存知の通りとなりました。




こうなると、色々覚悟せねばと思っていましたが、今回に限っては決断が早かったのかなと思います。


確かに、哲二さん一人の責任でもありませんが、完全にゼロと言うわけでもありません。


こういう形で区切りをするというのは、先日の大分田坂さんの解任の事もありましたし、
あとは競技違いですがNFLや先日の、


パリーグ森脇監督休養など例もありますし。
人事面では毎度毎度の功労者放出と穴埋め選手が機能しているとは言い難い現実もありましたが、
確かに尾本選手のように移籍先が時間かからずに決まった選手も居れば、
すぐに決まると思われていた小澤選手が中々決まらずかつ移籍先がJ3でも無かった事など、
これに関しては結果は半々かなと思いますし、こういう状況下、責任を取らねばならないポジションだって事は
哲二さんも分かっていたと思います。


ここへきてお約束とも言える逆キレぶりを見せているカリオカさんとは違い男気はあったと思いますし。
私からは特に感謝も批判も表明はしないでおきますが、
去年までは色々と楽しませて貰った事は確かでしたので、その事には一応ふれておきます。

そして私さとう、今後秋口までは観戦予定を白紙する事にしました。
他ジャンルとの日程が被らなかったり、行ける目処が立てば行くかもしれませんが、
今のところ後述しますが他ジャンルを優先させようかと考えてます。

水戸を盛り上げたいと自分なりに考え、特に去年から今年にかけてアウェイ含め現場通いもしてきましたが、
中々日の目を見ない現状。そして地域に溶け込んでいるかと言われれば、
必ずしもそうで無いと言わざるを得ない現実、


上記ツイリンクに限らず、人的物的経済的リソースが無いと言う事を言い訳にしてはいけないフロントのミステイクの数々、

あと、残念な事ですが、オンオフ問わず根拠の無い上から目線で周囲の感謝気配りが足りない人等が居ると言う事もあります。
ブーメラン刺さりまくりな方がそれなりに見受けられますが、分かっててやってる事でしょうししょうがないですね。
秋元氏配下の女性タレントのファン層のように、買い支えてるかと言われればそうでもなさそうですし。
何故そこまで仕切り屋気取りになれるのかよく分かりません。
色々とついていけなくなりました。毎度毎度ストレスを感じてまで観に行く事でもありませんし。

私が出した結論は、水戸を盛り上げたいと言うその戦いの場から4.5歩スタンスを退き、
ホームアウェイ問わず水戸通いというものを一昨年くらい、もしくはそれ以下のレベルに落とすと言う事にしました。

やっぱり、自分の中では演劇、演芸、ライブとかの方が重要だと思った事、
去年意固地になってハーフシーズンパスも取りましたが、正直行けないで後悔してるライブと演芸と演劇が
少なからず存在していました。
もういいかなって。頑張ったけどダメだったって思うようにしてます。

例え降格し、最悪消滅したとしてもそれはそれまでと腹をくくりました。

文句も言わない、カネも出さない、って事で今後秋口頃まではスコアチェックぐらいにしておく事にします。
秋頃にはある程度方向性も見えてきていると思いますので、
その際に来年以降どう向き合うか決めるつもりです。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ