プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で一昨日のJACROW #20 ざくろのようなのレポです。
本来は特攻上京する予定も無かったのですが、色々と身内で野暮用が重なり、
隣県某所まで出向く羽目になってしまいました。でもそのまま帰るのも悔しいんで
急遽そのまた隣都である新宿御苑に向かう事にした次第です。

って事で感想に参りましょう。

準大手の電機企業とそれを買収した最大手のひとつである電機企業、
そして世界レベルでの技術力を誇っていた準大手側のとある研究部門、
その中での各々のキャラ設定、人間模様がとてつもなくリアルでもありました。



そしてまたもや三冠パワーボム的な結末が。
実質主人公であった二人の技術者、二人が袂を分かったにも関わらず、
それぞれが成功し、特に妻にも見限られて単身で大陸に渡ったであろう技術者の方が成功していた、
と言う結末がそこにありました。
重いテーマの中で時折見せるコミカルなシーンも、
最終的にこの演劇の本質的な重さを増幅させていたと思った次第です。
時間軸的に現在(2015年)から逆算して2.3年前の状況であろうと推測しますので、
中国バブルが崩壊し始めたり、最大手の電機企業のモデルとなったあの企業も盛況であろうとは
言いがたい状況でもありますので、
このお話の登場人物達その後の姿も観てみたいなと思ったりしています。

そして今回も二人の技術者のうちのサブリーダー蔦賢一役だった狩野和馬さん、
今回も難しい役どころでしたが、全身全霊で役と向き合われていたとお見受けします。
特に野間リーダーと立場が入れ替わって副部長になってからの今までの鬱積をぶちまけるシーンには
私さとうにも来るものがありました。
そして二役されていた方が4名居られましたが、
特に敏腕エージェントと産休二ヶ月前の研究助手を演じ分けられた堤千穂さん、
そして豪腕人事キャリアウーマンと野間リーダー夫人を演じ分けられた蒻崎今日子さん、
このお二方も印象に残っています。

終演後は狩野さんにご挨拶しまして新宿御苑を後にしまして、


NTV系列での御大アニメ放映感想ネタでツイが埋まっていった中、高速バスでトンボ帰りし
何度目かの特攻遠征は幕となりました。


一昨年観ましたこれの円盤とシナリオも買いましたので、
あらためてJACROWの世界と向き合ってみようと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ