プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)




って事で一昨日の夜の土浦レポです。
この日は新宿で二つの用事があるので上京。ひとつめは、




まずは新村けんぞうさんのCDを販売しているSTUDIO MUSIC CITYにて一枚購入。
それから歌舞伎町方面に向かい、




今月末にて閉店します、スポーツバービバスマップへ。翌日未明のNFL、
NYJ@NE戦観戦会には行けない事が分かっていたので、ひとり感謝会と称してのひとり酒でした。
カウンターではJ2札幌@大分と東京V@栃木戦も流れながらの観戦、大分サポの方と少々お話しながらの
2時間強と3000円強の世界でした。





やはり4年前の1月、ボストンを通夜状態にさせたあの日もそうですが、
この場所で沢山の素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。
この場をお借りしましてあらためてビバスマップ様に御礼申し上げる次第です。

そしてこの後は東銀座のいわて銀河プラザでそれなりに買い物してから、
16時半台の上野東京ラインに飛び乗り土浦へ。偶然にも当日空きがあったのでそのまま客席に陣取りました。
って事で感想に参りましょう。

開始後の三人トークは関西ローカルや毎日系や朝日系CSで放送してました
吉本若手バラエティのような基本間をおかない感じの速射砲お笑いトークのような感じでした。
原口さんがセンター?的ないじられ役となり、往年のネタも幾つか混ざってましたね。
そして最後に順番決めのじゃんけん?もあって片山遼さん、関隆浩さん、原口誠さんの順となりました。

そんなトップバッターの片山遼さん


即興コーナーではそんなトークの流れを引き継いだ『豚骨出汁のスープ』も入ってきたものも
キチンと世界を作り上げたあたりに遼さんの変幻自在ぶりを見たように思います。
そのままの君でとネガオのあたりが本当に印象に残ってます。
私も色々と文章書きのヒントを貰ったりしたように思いますね。

次は関隆浩さん、
こちらの開場の名物PA?、いや名プロデューサーさんとのやりとりや、
ご家族親戚のトークなど色々組み合わせながらの30分間、
じっくり歌い上げるスタイルはいつもの関さんだったように思います。

そしてトリは原口誠さん、
こちらも定番のグライダーやCHANGINGなども交えてのじっくり歌いあげる形でした。
客席とのコールレスポンスもフィットしていたように思います。

最後はGDGD気味のお笑い風味トークの後、
とある大名跡歌い手さんのセッション曲で終幕。


終演後、遼さん誠さんの音源も購入し土浦から勝田方面に向かう鈍行に飛び乗って、
何度目かの都心遠征を終えたのでした。


私さとう、今年は色々と慌ただしい流れだった感じもありますが、
この日御三方から頂いたものも当然ヒントにしまして、今後の文章活動に生かしていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。