プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で2週前になりますが阿部さん企画@真昼レポを。


この日は昼間は予告?通り町田大分の入替戦に行ってました。


normad758さんと一緒に向かいまして、大混雑と、








野津田車庫からのリアル山越えと言う、いきなり上級者向け展開に戸惑っていましたが、
(っていうか夏ヘビ出ませんかねあの山道…。)
なんとかそれも楽しめました。結果の方は今更伝えるまでもなく、




町田2連勝、J2昇格のうちの1勝目となりましたが、順序を踏んでいけば量産型松本山雅になれるのかなと思っています。
まずは水戸もそうですがJ2定着を目指し全体的なチーム力を付けて頂ければと思います。


終了後は一旦下北沢へ。


この日日程が被り行けなかったblueglueの音源を買いにGARAGEへ。


来年2月のワンマンには何とかして行きたいと思うようになっています。
再度電車に乗り明治神宮前経由で真昼に到着。


阿部さんに挨拶して差し入れ&音源購入し、てっぺいさんや菊井さんにご挨拶しまして開演を待ちました。
って事で感想に参りましょう。


鈴木一馬さん、ことりこさんは共に弾き語りで味わい深いステージでした。
そうそう、ことりこさんは阿部さんの曲のカバーも披露されていました。


テジナはライブでの展開の持っていき方、
客席ゾーンへの世界観への取り込み方が流石だなといつも思います。
着実に階段を登りつつある昨今、ますます目が離せない存在かなと思います。


たいへんにんげんは今回阿部さん音源に深く関わった遠藤さん、
レコ参加しこの日の阿部さんバンドスタイルでのベース担当だった木下さんも居られましたので、
阿部さんレコーディングでのエピソードも披露されながらのステージでした。
そういえばステージ観てて思ったのは、時折遠藤さんが中浜さん木下さんを見る鋭い視線、
あれはなんだろう、これまでも何度かライブで観る度考えてきましたが、




ナショナル&プロスポーツチームの監督の目、そのものかなと思うようになっています。


ヒゲとボイン
この日特別再結成となりましたヒゲボ、てっぺいさんギター途中交換アクシデントもありましたが、
それも吹き飛ばすレベルでの盛り上がりでした。来月も17日に再度臨時再結成があるようです。
そしてトリの阿部さん、阿部俊宏さんでした。


ここまで自分自身をネーキッドにするのも勇気の要る事ですし、
バンドとしての可能性も無論感じました。


この日はいつものブービーバスが取れなかったので3曲目終了時点で無念のタイムアップ。
真昼を後にしまして、


八重洲から高速バスの人となり何度目かの東京遠征の幕となりました。



いつも落語の登場人物の酔っ払いのように酔っ払っている阿部さん。






それでもこの日の出演者の皆さん、客席ゾーンの皆さんから阿部さんへの『愛』を感じましたし、
阿部さんもその『愛』にステージ上で、そして、


音源で応えていたように思います。
まさに何度か見てきました、『愛されて、愛して』のひとつの形を見た夜となりました。
来週末?19日もまた阿部さんてっぺいさんのステージを見れますし、これも当然楽しみにしています。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ