プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


年末大晦日コミケ89につきまして発行物ご案内です。
C89終了後年明けくらいを目処にこの記事をブログトップとさせて頂きます。

私共、今回は3日目、西ゆ04aにてスペースを頂いていますが、
発行物は下記の通りです。

既刊物
①それが全てさ    300円(テキストオンリー本のため表紙アップは自重します。)
君と僕が好きな歌(2012年10月発行) 表紙
②君と僕が好きな歌 400円
自己的路総集編 ① 表紙
③自己的路総集編①400円
それからの二人 表紙
④それからの二人  400円
『二人のままで』表紙
⑤二人のままで 400円
『君の空』表紙
⑥君の空 300円

当日新刊①
そのままの君で 表紙(おみのさん)
そのままの君で 400円

春リリマジで発表しました、『君じゃなきゃ』に加え、
森太輔さんの『とばり』をベースにして制作しました、
『君と僕の好きな歌』掲載の『星降る空に』の続編的なお話、
『君の事以外』と、
表紙作品でもあります、私さとう初の15歳設定でのユーなの話、
クリスマス周辺での二人の日々を綴った、『そのままの君で』、
書き下ろし2作品を加えた計3作での新刊です。

今回もおみのさんに表紙及び各話挿絵をお願いしました。
目の色と、アホっ毛のある無しで 表紙
新刊②(コピー本 確定)単価100円
目の色とアホっ毛の有る無しで(勝手に準備号?)

アルミンとユーノのお話、
巨人中の世界にやってきたユーノがアルミンの部屋で鍋を囲みながら大晦日の夜を過ごす、
『二人で年越し?』なお話です。
こちらもおみのさんに表紙お願いしています。
なお、しょたしょたな話ではなく、
ゆーなの前提でのユーノと、エレミカ前提でのアルクリと言う変則カプ前提での話となりますので、
悪しからず了承願います。

また、今回、久しぶりに私のオリジナル創作、
Aキッチンシリーズも頒布させて頂く予定です。
第六部までの総集編と、第7部から第11部まで少部数ですが全て持ち込む予定です。
第六部までの総集編 単価400円
第七部 運命 単価100円
第五部の続編的なお話、美香が恭平、麻美への思いと想いを再認識するお話です。

第八部 運と実力 単価100円
市川孝史達の所属するバンドがとある大手オーディションを受けることになり、
その過程の中で孝史達が見たものは…、なお話です。

第九部 縁(えにし) 単価100円
恭平と麻美が大晦日の夜にお互いの想いを認識しあうお話です。

第十部 凱旋 単価100円
亮が久しぶりにとあるコンペに参加する事になり、
その作品が映像化されていく過程で亮の前に立ちはだかった意外な存在とは…なお話です。
新刊
第十一部 道半ば 単価200円
第八部の後日談的な話、孝史達がとある学園祭ライブに参加する事になり、
その過程での出来事を描く物語です。

以上、私共『GALSパラダイス』、『春待気流』、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ