プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で先週土曜歌舞伎座レポです。


いつもの如く普通グリーン車で上京、新橋から都営線経由で東銀座に入り開演を待ちました。
って事で感想に参りましょう。


一、本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
十種香
八重垣姫に扮しました七之助丈、腰元濡衣に扮しました児太郎丈がそれぞれ光っていたように思います。
毎度毎度ですが典型的な義太夫もののゆるい展開で睡魔との戦いになります。


木下順二 作
坂東玉三郎 演出
二、赤い陣羽織(あかいじんばおり)
今月の座長的なポジションの玉三郎丈が演出をされたこのお話、
私は6年前に観ていますが場面転換時とラストのコントラストに違いがあったように思いましたし、
美への並々ならぬ情熱を持たれている大和屋さんの思い入れを観れたように思います。
ここでは前幕の腰元濡衣からおやじの女房に扮されていた児太郎丈が、
他の出演者に全く格負けして無かったように思いました。


三、重戀雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)
これまたゆるすぎるくらいの展開で睡魔との戦いでしたが、
玉三郎丈が登場してから舞台客席の雰囲気がガラッと変わって行ったように思います。
終盤の当代紀尾井町扮されていた大伴黒主との『超能力バトル』的な展開の時がまさにそんな感じでした。


って事で終幕。この日は17時台後半の直通鈍行で都心を後にしまして、


何度目かの都心遠征幕となりました。

今回目に付いたのは児太郎丈、実父福助丈病気療養中で、
色々心配してましたが今月のブレイクぶりを観ますに、
無論玉三郎丈の指導もあったとは思いますが、親は無くとも子は…、
と言う気になりました。またも関東に新しい『柱』が育ちつつあるなと。

そういう意味では色々と事情重なり成り行き的に獲ったチケットでしたが、
やはり歌舞伎座も私さとうにとって大切な場所だなと思った次第です。
今月夜の部のチケも確保済みでして、これまた当然期待もしていますよ…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。