プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日の昼夜連戦、昼の国立劇場大劇場からです。
この日は高速バスで某所を出まして都心入り、
お使いで途中寄り道した際にやや手間取りましたが何とか開演ギリギリセーフとなりました。
って事で感想に参りましょう。


序盤は若高麗、染五郎丈が花道から登場し鶴屋南北となって解説、
塩治家没落とお岩の妹、そして伊右衛門の登場し舅を手に掛けるまで、
幸四郎丈、高麗屋御大の中の人と増幅し強烈な極悪キャラ伊右衛門像に仕上がってました。
若高麗もお岩、小平、佐藤与茂七と早速のフル回転でした。


二幕目も同様の展開でしたが、こちらでも若高麗の早替わりに場内も魅了されていたように思います。


大詰めも伊右衛門が討たれてからと、忠臣蔵での高家討ち入り本懐と、
大星以下塩治浪士一同が足利家役人石堂左馬之丞にあっぱれと絶賛されるまでが描かれ、
四谷怪談があくまで忠臣蔵のスピンオフである事を印象付けた大団円となりました。

今回も5年前同様に大活躍だった御大に若高麗の高麗屋親子、
親子鷹ではなくもはや超人の域に達しているなと思った次第です。
それに染五郎丈は歌舞伎界にありがちなエスカレーター式でなく、
特に女形での大役に何度か挑まれるなど、
父幸四郎丈とは違ったプロセスを経られている事もありますので、
いつか世に出ることになるであろう『10代目』がどんな風になるのかが興味深いですね。


終演後は地下鉄を乗り継いで真昼の月夜の太陽、春夏秋冬に向かいましたが、
これについては次項にて…。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。