プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日の歌舞伎座夜の部レポです。


某所での日本支社観戦会終了後、地下鉄経由で銀座界隈に辿り着き、
プチぶらしながら歌舞伎座到着し開演を待ちました。
って事で感想に参りましょう。


妹背山婦女庭訓
杉酒屋
序幕の烏帽子折求女と三輪の紹介と、橘姫がやってきてのいきなりの修羅場と、
求女実は藤原淡海が詮議されている旨庄屋がやってきて騒ぎになるあたりまでしたが、
児太郎丈と七之助丈がそれぞれ印象良かったです。
團子丈も背伸びましたが、中々よさげな丁稚さんでしたよ。

いつもこのテの時代物、例えば菅原ものでも思うんですが、
お前等飛鳥時代だろ烏帽子付けろ烏帽子、なんで格好が江戸時代なんだよってのがあります。


〈道行恋苧環〉
松也丈、児太郎丈、七之助丈での舞踊、
ぶっちゃけ浅草かと思う座組でしたが、その中では経験値多めの中ボス格の七之助丈が
お三輪として出てきてからはケミストリーが良くなったと思います。
松也丈も序幕大詰め含め奮闘されていたように思います。


〈三笠山御殿〉
公家悪の入鹿の悪の企みと漁師鱶七の豪胆さ、淡海と橘姫の逢瀬、
お三輪の受難、漁師鱶七実は金輪五郎今国の思慮とめまぐるしく入れ替わる展開でしたが、
場面転換が無く全て同じ御殿内だったのが興味深い点でした。
中車丈の豆腐買い、いわゆるご馳走役でしたが、
いかにも下品なオバチャンになっていたと思います。(褒め言葉)

この場でお三輪として登場した玉三郎丈は今更申すまでも無い存在感と美しさでした。

って事で歌舞伎座を後にしましてこの日は上野発の特急で帰路に就き、
何度目かの土日都心遠征は幕を閉じました。
今週は来週の冬コミ含む勝手に日本列島四半縦断ツアーを予定しているので、
その準備に勤しもうと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ