プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事での先週土曜の文楽公演レポです。


この日は諸事情により鉄路での都心入り。


お参りを済ませ、まずは渋谷へ。








そこからさらに下北沢へ。








Blueglueの路上ライブを見てました。


遅刻覚悟でこのような日程を組んだのは、他の方も指摘されてましたが、
第二部の演目が同じような世界観でのものを2つ続けさせた事への違和感が全てだったように思います。



って事で感想に参りましょう。
桜鍔恨鮫鞘(さくらつばうらみのさめざや)
    鰻谷の段
男ヤンデレ話で救いようのない話でしたが、
忠義忠孝の伏線を入れてあったのは当時の徳川政権下ではよくある事でしたので、
そうでないと実話再録ドラマは成り立たないものだったんだろうなと言う思いでした。

八代豊竹嶋大夫引退披露狂言
 関取千両幟(せきとりせんりょうのぼり)
    猪名川内より相撲場の段


ラスト公演が掛け合いものになった事を不満に思う方も居られたことも事実でしたが、
役柄を限定していた事で熱い語り口が蘇ったようにも私は感じてました。


って事で嶋さんのラスト公演を見届け、半蔵門を後にしました。
ちょうど私さとうにとっては2年ぶりの国立、その時はチケ販売も振るわず、
プレイガイド割引も行われたくらいでかなり詰みつつあるなぁと思いながら
半蔵門を後にした記憶があります。(その当時のブログ記事

嶋さんの引退で私自身もこれで最後にしようと思い小劇場に向かいましたが、
筋書きでのインタビュー記事を見まして確約は出来ないけど気持ちを切らさないで行こうと言う気持ちになりました。
(もう見ない見たくないと言う気持ちも分かりますが、それを本人及び一門の人等にメール等するのはどういう了見だと思いますね。)

今回の引退を巡る色々と情報が流れていますが、もし本当であれば問題だなと思う事もあります。
まぁ確かに例の不祥事で協会を追われた親子、
某梨園の御曹司ブログ騒動同様に『見えざる手』の働きからかあまり主要メディアでは
取り沙汰されてはいませんでしたが、親子揃っての追放ってのも色々と組織内での『見えざる手』が、
働いていたのかなと思わざるを得ません。
ぶっちゃけネットスラングのアレンジになりますが『スミシン』がネット上でドヤ顔で語る様は、
15年くらいまでの自分であれば顔面に紙コップのビールを投げつけて
ハードヒットぶちかましたいレベルのものもあったのも確かですし。

6台目歌右衛門丈逝去後、その権勢故の演目役柄役者の陣容が偏っていた時期があった等、
負の側面もいずれ語られるとは思いますが、当の本人は日曜朝の天然釣り師や大手町の爺さん同様、
おそらくそう簡単には迎えは来ないと思います…。
『院政』の時期が長引けば長引くほど、後始末が大変になるなぁと思いますけどね。
5月もあまり乗り気になれないのは、そういう雰囲気を感じ取ってしまうからです。


話を戻しまして、この後は立川流夜席に向かい、


当方談之助師匠メインでしたが、左談次師匠、里う馬師匠と最後まで楽しんで、




21時台の電車で都心を後にしました。
特に里う馬師匠のお見立ての信濃のお大尽、
私が観てきた中で一番リアルさがあって良かったと思います。

今月も後半に入りましたが、色々観れるもの観たいものは観ておこうとあらためて思った次第です。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ