プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で日曜の昼夜連戦レポです。
ありの先生宅を出まして11時前に東京駅に入り、コインロッカーに荷物を預けて、
徒歩でお茶の水の会場へ。会場入りした地点で客席はほぼ埋まった状態でしたが、
元々想定していた後方に着陣し開演を待ちました。

って事で感想に参りましょう。


磯谷マナトさん
女性ファンが9割くらいを占めた会場、その中で自分自身の立ち振る舞い方をよく理解されているなと思いました。
まだ若いですし、これからも当然注目したいと思います。


アダチケンゴさん

独特のボイスゾーンと伸びる声、そしてMCの巧さが際立つ感じでした。
全てにおいて、『巧さ』を感じる事が出来ましたね。


この日のトリは遼さんでした。


そのままの君で演奏されたのには私的にはサプライズでした。


先々月の二次創作の新作のタイトルとしても拝借させて頂きましたし…。
MCでは、祐也さんとのユニット


の事や、前夜からの強行軍の事などに触れられていました。
その中で遼さん、『ミュージシャンはひとりぼっちが好きで寂しがり屋』みたいな事を言われていたように思いまして、
なるほどなぁと思いつつ、確かにそうかもしれませんが、いやそうなんだろうなと思います。
ですが私のようにナメられてたまるかと言う気持ちから、
都心で居る時は無愛想でトゲトゲしてるようにしたり、
クレイジーSKB社長のように威嚇めいたネタに走ったりしているのも、
そこらへんの気持ちとも裏腹な部分があるんだろうなと思ったりしています。
こういう時勢ですしスキは見せたくないですし、
ここまで来たからには最後まで駆け抜けたいと言う気持ちがまずありますからね…。


そしてラストセッションは例の大御所バンドの代表曲でした。
終演後物販で遼さんに挨拶、


去年発売したアルバム、Good morning,Don't worry!!が現在品切れとのことで、
毎年夏冬愛媛方面に送っています色々なものの発送を遅らせていた原因、
実は遼さんの音源を追加する事だったんですが、
これですと遼さん音源以外のものを先行して送った方がいいのかなと思うようになっています。
再発の準備は進めているとのことでしたが、ともあれ機会を待ちたいと思います。


って事で会場を後にして明神様へ。そこから日比谷線アキバから地下鉄で東銀座へ。


この日のメインは籠釣瓶でしたが…、


『あんな営業スマイルに引っかかるなよ…。』と思ってしまった私はひねくれ者なんでしょうね…。
まぁありがちな話でもありましたし、その中で菊之助丈の八つ橋、やはり見応えありました。
福助丈の復帰の目処が立たない現状、菊之助丈にかかる比重も上がっていきそうです。
あと、


梅玉丈の若々しさも驚異的なものでした。
来月も昼は確保済みですし、夜も何かのタイミングで見届けたいと思っています。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ