プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


昨日の昼夜連戦、まずは昼の広小路亭から。


この日の行程の都合上八潮駅で乗り換え、南千住経由で広小路亭に入った時、
ちょうど前座二人目の紅佳さんの話が始まったところでした。
確か黒田長政の家来と福島正則との酒をめぐるお話だったかなと思います。

そして松之丞さんは、
新世紀講談大全 神田松之丞 [DVD]
新世紀講談大全 神田松之丞 [DVD]
クエスト 2015-04-18
売り上げランキング : 7899


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DVDにも載ってます『違袖の音吉』でした。


公式サイトもオープンされましたね。
その後、予定されていた鯉風先生ではなく、代演の女流講釈師の方だったと思いますが、
西太后伝、中国史の話の日本の講談講釈の文法に則って作品化していた事、
中国史が日本史的な世界に変化してたのが印象的でした。
そして中トリが愛山先生、新作私小説講談の安心できない男、
私も話の中の講釈師品川さんほどではありませんでしたが、
そういう傾向がありますので、あるあると思いながら観て聴いてました。


仲入り時に愛山先生の本を購入しました。
後半戦は紫先生の徂徠豆腐、トリは紅先生の新作?金子賢太郎でした。
終演後私もウィキりましたが、日米史、特に日露戦争での対米活動の功績が称えられる隠れた偉人の生涯が、
講談の世界になっていたように思います。






こうして終演となり、次の目的地下北沢への準備をしつつアメ横をふらふらしたりしてました。


松之丞さん、愛山先生、そして陽司先生の師でもある紅先生から
陽司先生への愛とリスペクトを感じました。
特に紅先生は名を口にしただけでも泣いてしまうとまで言われてましたからね…。

こうして陽司先生の動画を見まして、その優れたセンスを見て取ることが出来たように思います。


行けそうなので何とかしたいですね。そしてその陽司先生の生前最後のツイートが、


だったのも何やら当世の流れに対しての懸念?だったのも私にとっては印象的なものとなっています。


って事で次は下北沢GARAGEに向かいましたがそれにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ