プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で土曜歌舞伎座夜の部レポです。
昼のライブの終演時間の影響で着が遅れましたが今回は自己責任なので、
その点に関してどうこう申す事はありません。
って事で感想に参りましょう。


双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)
角力場
与五郎と放駒の演じ分けに注目してましたが菊之助丈期待通りの姿でした。
濡髪の橋之助丈も人気力士のスケールの大きさを体現されてまして、
秋の芝翫襲名が楽しみです。


五代目中村雀右衛門襲名披露 口上(こうじょう)
我當丈がただひとり後見的な黒子をつける状態でかなりきつそうでした。
脳梗塞からのリハビリ中との事ですが、年齢的な事もありあまり無理なさらないで頂きたいです。
その中で東蔵丈が、


この日も「襲名を期に自己主張を」と珍しい挨拶をされてましたが、
主張する女方役と言いますと戦後改訂版上演され時代を彩った現藤十郎丈の曾根崎心中が思い浮かびましたが、
そういう役は今まで京屋的にされていなかったはずなので何らかのフラグなのかなと思ったりしてました。


祇園祭礼信仰記(ぎおんさいれいしんこうき)
金閣寺
五代目襲名披露演目でして、雪姫の鼠絵のシーンは当然注目してましたし素晴らしかったですが、
全体的には久吉と大膳の対決がテーマでしたから、
五代目雀右衛門丈が立役を引き立てる女方役に徹していたあたりが、
立て役を引き立ててこそ女形の姿のひとつなんだと言うアンサーだったのかなと思えましたね。
丁度私さとうが歌舞伎見始めた頃が先代雀右衛門丈が口上以外で舞台に立てた最晩年の時期でしたので、
こうして五代目の誕生を見届けられたのも私にとっても良い事だったと思う次第です。


関三奴(せきさんやっこ)
中々見られない配役でしたが、10分強時間楽しんで観る事が出来ました。
この中ですとやはり勘九郎丈がカッコ良く見えましたね。


って事で夜の部観終えた次第です。
昼の部も当然確保済みでして当然期待しています。


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ