プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日のイノセントスフィア公演レポです。
先行予約で早々にチケット確保し、上京。


高円寺の人となりました。って事で感想に参りましょう。


公式特設サイトでも記されてます通り、とある大事件をベースにするなど、難しいテーマからの作品でしたが、
素晴らしい作品に仕上げられたと思います。
私的には期待と言うよりはどう創り上げるかに焦点を絞っていたので、
あの形に持って行った事に『なるほどな…。』と思いつつ、終始目を見開きつつ観続けていました。
中盤の被害者遺族同級生(おしかけ同然に居着いていた)が自身の過去を同級生に明かしたシーンでは
私もグッと来そうになりましたし、周囲の女性客(おそらく後述します主役級二人のファンかと思われますが)も
かなり泣かれていたように思います。


そして、今回主役級だった客演の橋本真一さん、井澤勇貴さん、
それぞれ被害者の兄と言う役で、一人は復讐に燃え、もう一人は最後の最後まで葛藤に苦しむと言う役柄でしたが、
それぞれ存在感を発揮されていたと思います。
やはり客演ですし、それぞれ売り出し中のイケメンさん、周囲も二人を輝かそうとしていた面もありましたが、
二人もそれに負けないように輝かれていたと思います。

演目の内容とキャスト陣容が固まった時点で、
ハリジャンや大統領師匠で見られたようなイノセントスフィアの内角直球的な世界観は殆ど無いと言う事は
分かりましたし、今回の『悪党』、あの世界観とあのラストでの古典戯曲的な『戻り』のシーン、
(最後のシーンで発生日朝の事を後悔していた事を吐露したシーンがそれですが)
客演(犯人役含みます)のイケメンさん、そして彼等の女性ファン、そしてイノセントスフィア及び所属役者さんの、
全てがWINWINになるためのギリギリの着地点だったのかなと思いましたね…。

世の中万事イケメンに限るのは今更言うまでも無い事ですがイケメン界でも競争はありますし、
昨今、少年漫画誌掲載の実質女性向け作品の舞台化も相次いでます。
これまた女性向けオンラインゲームの舞台化などイケメンさんも量産型ザクのようにどんどん世に出てきていますので、
イケメンさんもまたその枠の中で生き残り勝ち抜いて行かなければなりません。
私も今まで色々観てきた、見てきた中で、落伍、落ちていったであろう人も観てきましたし。
6年半前、横浜で観た『模倣』の域を抜け出ていないと思わざるを得ない方』がまさにそうでした。
名前も忘れたので今は何してるかは知りませんが、
おそらく繁華街で女性向け接客業でもしているんだろうなぐらいな感じなのではと思います。
ただ今でも覚えているのは、出身が橋本さんと同じ先述の、
少年漫画誌掲載の実質女性向け作品の舞台化のハシリとなった『例の作品』って事くらいですがね…。

橋本さん、井澤さん、この場で評価と結果を得てステップアップし、
来年再来年はさいたま芸術劇場やシアターコクーンでニナガワ演出の舞台に上がられればと思います。

って事で終演後、狩野さんに挨拶。
感想などをお話しまして高円寺を後にし、池袋経由で秋葉原へ。


タミーさんと合流。今後の打ち合わせ等も含みます軽め呑み予定でしたが…。



私含みます某大学OBの最近の定番だった浜町亭秋葉原店の閉店を知りショックにもなりましたが、


別のお店を探しまして一時間強ほど色々お話したりしまして、


都心を後にした次第です。

連休中のイベ複数参加する(文フリとスパコミ)事もあり、
私もそろそろエンジンをかけていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ