プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で一昨日のらくごカフェ夜の部レポです。
この日は前日(5/7)から参加してました朝練講談会特別企画、「黄金週間十日間連続読みの会」の楽日から。




前日、初浪曲だった玉川太福さんの高座にひどく感銘を受け、本当ならば後述します西武プリンスドームに直行予定でしたが、
この日も前日と同じ5時起きで9時前都心入りのスケジュールとなっていました。




終了後に日本橋亭から徒歩で淡路町からの西武プリドへの道、


本来であれば講述しますらくごカフェ昼の部にも行くつもりでしたが、
とある知人一家に、


大谷が観たいから案内してくれとの事で4日前に慌てて手配した内野指定と共にプリドへ。


結果は御存知の通り大谷打たれまして敗戦投手となり下位打線に痛打されていたあたりは知人一家も不満そうでしたが、


登板は無かったもののこの人も観れたので納得はしていたと思います。




8回裏時点でタイムアップとなり高田馬場経由で神保町へ。
らくごカフェの人となった次第です。って事で感想に参りましょう。




前半は前座さんから二つ目真打ちの順に思い出話から本話に続く流れ、
それぞれ言われていたのは部屋の強烈さと、あとは詳しかったパソコンネット等の話でした。


このツイートを思い出していたのは内緒です。
ここら辺は耳が痛い話でもありましたが…。そしてトリは愛山先生でした。


初めの頃はノリノリで客席を何度も爆笑させていたのがだんだんシリアスな展開になっていくあたりは、
今までに無いリアリズムを感じましたね。
重態であった事を亡くなる直前まで周囲に隠し通していた事、


逝去後まで生存率が極めて低い難病だった事を隠し通していた事、
そして題名の『幻の一番弟子』の意味を最後の最後に愛山先生が明かした頃には、
陽司先生がいかに周囲から愛されて信頼されて尊敬されていたかを理解する事が出来たと思います。
そして、愛山先生がブログで公開しています陽司先生を悼む俳句を述べられてた際の、
愛山先生から発せされたオーラのようなものが印象に残っています。


そしてついに終演、時間が私的にやや押してましたが、
らくごカフェ出た後すぐにタクシーを拾って上野駅に向かい、指定の時間の電車に間に合い、
何度目かの日帰り遠征幕となった次第です。

あらためて陽司先生がどれだけ愛されていたかを知る事になりましたが、
編集者としてのキャリアもあった陽司先生、当然作り手としてのセンスもあったと思っていますので、
昨今の萌えビジネスの方向性についても色々お話を伺いたかったなぁと思っています。


ブログで何度か紹介しています陽司先生生前最後のツイート、
私もあの作品は確かに面白いとは思っては居ますがあそこまであからさまなビジネスの手法に違和感も覚えているんです。
そして先週末、元ネタツイリンクは控えますが何やら妙なバンフが私の耳にも入ってきました。






私のアノ件へのスタンスは、


ですが、これに限らず元ネタツイリンクはしませんが公正中立を騙る公共放送局とやらの民放深夜枠アニメの再放送や、
日曜某番組での露骨な楽曲編成など、昨今の時折媚びてくるような主要メディアの姿勢、私の場合は、
『んで?俺等のカネと時間どれだけ欲しいの?』
って言うスタンスですし、あの連中が夕方のニュースワイドや
19時-23時台のバラエティ等で今までどういう事をしてきたか私だって一部始終見てきましたので
今でも信用するしない以前の存在であり、
よほどの事で無い限りふれる事そのものをしないと言うスタンスに変わりはありませんが、
昨今の状況をを陽司先生がどう捉えていたかが知りたかったと思っています。

今ではもう残っている音源動画等でしか知る事は出来ませんが、
陽司先生の軌跡を私も辿って行きたいと考えている次第です。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ