プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:旅行・遠征記
って事で先週月曜と昨日行いました第六次南三陸遠征、
女川攻略戦レポです。



先週月曜、いわきまでのバスの時間を15時台に設定していた事もあり、
プチ女川散策を思いつきまして、






石巻経由で女川を目指しました。


この日は女川滞在可能時間が2時間ほどしかなかったので、


旧女川交番見学後、タクシーで向かうは、
復興グルメ旅
復興グルメ旅復興グルメ取材班 佐藤尚之 田頭真理子

日経BP社 2013-06-20
売り上げランキング : 390183


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記密林リンクはじめ、女川界隈名店のひとつ、


ニューこのりへ、当然頂いたのは、


活穴子天丼でした。
それから時間逆算で徒歩でも帰りの電車に間に合う事が分かり、




港界隈を巡りながらの帰路となりました。
この時に観光桟橋からの風景も目に入り、金華山への思いを強くしていました。
それから有明直参への準備の最中、金華山航路を調べてみると
基本は日曜運行のみでお盆特別運行の最終日が16日である事を知ったのが、
上京準備をしていた13日の朝でした。
そこから上京中の鈍行電車、何回かあった特急追い越し待ちのホーム上で、
金華山便の電話予約をしまして、13日中に前後の宿も押さえ、
出発したのが一昨日15日の、


昼過ぎでした。


この日は石巻に宿をとり、




いよいよ出発、


まずは女川を目指しました。


女川駅から徒歩で観光桟橋を目指し、






出発となりました。
往路航路はこの日の波と風に向かって逆方向への進行だったため所要時間も想定よりかかり、
船内もかなりゆれ揺れで私さとう軽く船酔いを起こしていました。


んでもって到着。




南国のような綺麗な海にはホントに驚かされました。
そこから徒歩で金華山黄金山神社へ。


3年続けてお参りすると御利益があるとの話を往路航路の際船長さんのアナウンスで紹介ありましたが、
私の場合は何よりも被災地支援でもあったので、お参りはしましたが、
露骨なお願いはしないでおいたかと思います。




鹿はかなり見つけましたが、猿は未発見でしたね。


って事で1時半くらいの滞在を終え帰路へ。


写ツイ投下出来たくらい復路はゆれも抑え目でした。


女川に戻った後、帰りの列車の待ち時間の間をぬって昼食をとり、




女川を後にしまして、夕方に仙台に入り今に至ります。
往復船内にありました震災時の資料もさることながら、
優しいだけじゃない海の姿をあらためて思い知りました。

そして女川もようやく再出発の道のりを始めたばかりですし、
比較的被害の少なかった渡波~浦宿までの一帯も含めまだまだ行ってみたいところが沢山あります。

今後は女川『攻略』を本線に南三陸遠征を進めていきたいと思う次第です。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ