プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日の国立劇場レポです。


今回は有楽町から徒歩で三宅坂を目指しました。
国会議事堂、最高裁(永田町駅4番出口からも見れましたが)を見ながらだいたい20分、
開演前に間に合い開演を待ちました。って事で感想に向かいましょう。


初段二段目と進みまして、今までの通し上演で省かれる事が多かった2段目、
桃井館力弥使者の場、松切りの場も上演され、後の場面への伏線も張られていた事がうかがえました。


三段目、ダイジェスト版では各一門番頭各の役者さんが担当される事が多かった本蔵役を、
幹部役者でもあります市川團蔵丈が門前の場から刃傷の場まで担当された事で、
物語自体の重みが増したと思いました。
そして刃傷の場では判官の高砂屋、師直の高島屋、両御大でして
それぞれ役を完全に手の内にされていた感もありましたので刃傷にあたるまでの流れが
とても緊張感のあった感じでした。
今回は私さとう、1階席(でも3等)だったので、
梅玉丈がだんだん怒りに満ちていく様が理解出来たかなと思いました。


そして4段目、これまた高麗屋御大の由良之助と切腹し無念の最後を遂げる判官との『対峙』、
腹芸至芸、言葉が要らない感じでもありましたが、顔世御前はこの配役なら魁春丈で観てみたかったのが本音です。


あと、こちらもキッチリ描かれた刃傷前後の勘平おかるのやりとり、
扇雀丈、高麗蔵丈の逆パターンでも見てみたいですね。


終演後一旦有楽町に戻りかごしまアンテナショップで色々お買い物。
再度徒歩で三宅坂を目指し、


お弟子さん達の研修発表会へ。




昼間観た演目をお弟子さん達で上演すると言う趣向でしたので復習の意味合いも込め観てきました。




そして座談会、左團次丈が期待通り?のハジけぶりで、特に『自称平成生まれ』をアピールした際は、
私さとう、ここで左團次丈がやりそうだなと心の中で思っていましたがあまりに予想通りだったので
受けまくってしまってました。もう少しで私自身が座席から笑いすぎて転げ落ちるところでした…。
それ以外ですと隼人丈が田之助丈に教わった時のエピソードとか、
團蔵丈が刃傷の場で最初から自身が判官を止めに入る最後のシーンまで控えていた事、
橘太郎丈が5段目のイノシシも演じられた事があったと言う話なども印象に残りました。


最後は梅玉丈の三本締めで幕。大満足の昼5時間強1800円、夜2時間強2000円コースでした。
来月再来月も何らかの方法で三宅坂の客席に居たいとあらためて思った次第です。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。