プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


昨日も見ての通りの完敗でしたが、


まぁ今年も落ちなければいいかなと言うスタンスです。

元々サッカーメディアや一般ブログ等の前評判は毎年低いですし、
昨日は鹿の国はまさかのほぼフルメンバー、控えも出し惜しみ無しのほぼガチモード、
まぁコレは来週のゼロックス杯の準備でもあった事はあるでしょうけどね。
J2の場合は戦力差が露骨な感じでもありますから、
上位相手には引き分け以上、同クラス相手では何とか白星を取って勝ち点を積み上げる、
それしかないかと思っています。

過度なインフラ負担を強いる今のクラブライセンス基準を何らかの形で変更して頂きたい、
それよりも財務基準や有料入場者数の基準を明確化させて欲しいですね。
(インフラ基準を緩和させる代わりのバーターとしての財務基準と有料入場者数厳格化でもいいです。)
そう言う意味ですと、水戸の場合は設立当初の市当局との確執も、
(当時の社長と市長のそれぞれの競技母体と言うレベルではなく、『俺が一番だ』『なんで挨拶が無いんだ』とか言う、個人的な『好き嫌い』で決めるお山の大将的な感覚だったと思います。)
代表的なのがこの方御存知家元談志師匠、弟子の談之助師が書いた本の感想記事をご参考までに
過度にインフラ等を地域社会に依存して来なかったと言う点では今となってはかえって良かったと考えています。
愛媛の粉飾騒動や栃木の経営危機の際、
冷ややかな視線(特に栃木は英文字系ポータルサイトのコメント欄)があった事も私は覚えてますので。
無関心が敵意に変わった時の恐ろしさ、それは心のどこかで考えておいた方がいいと私は思います。

昨日もファン比率では甘く見積もって4-6、厳しく見れば3-7で鹿の国でしたからね。
駐車場の埋まり具合と観客数が一致しなかったのは鹿の国のサポ数が多かった裏打ちでもあります。

あと、私の場合、観に行った際は相手側の選手も良かった点があれば何らかの形で覚えておくようにしています。
昨日は、




南の方のお隣さんから今年鹿の国にやって来たGKクォン選手の動きが良い意味で目に付きました。


鹿の国の方のツイで昨日の先発GK決まった時点で悪態ついてた人が居ましたが、
例え南北のお隣さんだったとしてもいい選手のいいプレーは見ておくべきですし、
育成に関しては特にお隣さんの選手は代表クラスになりますとフィジカルも強いしセンスもある好選手が多いと思いますので、
特にフィジカル面では去年まで水戸だったジュフン選手もそうですが、
南米欧州の選手に当たり負けしないタフさもあると見ています。

ともあれ、私の場合は開幕戦、親戚の手伝い普請での欠席確定で2戦目からになりそうですが、
今年もゆるりと観るようにします。折角チケ代ガソリン代諸々出しての水戸行脚、
勝ち負けもさることながらとにかくいいプレーを観て満足して帰りたいですからね…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。